top

●エストポリス伝記 - レビュー(ネタバレ含む)


GOOD POINT(長所)


戦闘がスピーディー
 

戦闘はよくあるコマンド方式だが、ドラクエとは違い、FFの様に基本メッセージウィンドウを排した内容となっており、テンポが良い。
 

コマンドもアイコン方式となっており、十字キーとAボタンのみでパッと選べる所も良テンポ要素に繋がっている。


良質なBGM
 

全体的にBGMが良く、特にボス戦BGMは今でも話題に挙がる程。
 

管理人は全てのBGMが好きですが、特に好きなBGMは「フィールド」「ボス戦」「虚空島(ディオスの神殿)」


感動的なエンディング
 

本作の良さを語れと言われたら、まずエンディングが挙げられる事が多い。それ程「エストポリス伝記」のカラーとなっている。
 

ただエンディング以外のイベントについてはかなり特徴が弱いと言わざるを得ない。おつかいイベントが多い事も大きく影響している。


BAD POINT(問題点)


戦闘がやや不便
 

所謂オートターゲット機能が無く、すでに倒した敵に対してコマンド入力を行っていた場合、空振りとなってしまう。
「この攻撃がトドメとなるな」等の戦略を組み立てつつ戦う戦略性を生んでいるとも言えるが、一戦一戦にそこまで考えたくないというのが正直な所。
 

入力したコマンドはキャンセル出来ない。厳密にはターン制では無い為だと思うが、多少不便に感じる。

尚、「2」では普通のターン制バトルになった事もあり、これらの問題点は全て改善されている。


あからさまなおつかいイベントが多い
 

特にイラだつのが「吊り橋修復イベント」。ピロンという男に修復を依頼する事になるが、
「ライデンにいる職人を連れてきてくれ」「跳ね橋の壊れ具合を見てきてくれ」そんなん自分で出来るし自分でやるべきだよね?
加えて、跳ね橋の修理となると「吊り橋を見下ろせるあの位置(超遠回り)に立って僕の仕事を見てくれないか、惚れ惚れする様な仕事っぷりを見せてやるぜ」
どうでも良いからさっさと直してください('A`;)
 

「アルミナ7つ回収イベント」は前述の様なキャラに対するストレスは無いものの、とにかくメンドくさく、プレイの間が空くとどこまで探索したか分からなくなる。

とはいえ、この時代のRPGは容量の関係で色々な所を往復させないとゲーム自体がすぐに終わってしまうから…という意見もある。
RPGそのものがおつかいと言われたらそれまででもある。


頻繁に音楽の再読み込みがある
 

一部のダンジョンは階層をまたぐ、あるいは別フロアに行く度にBGMが最初から流れる。
 

恐らく、メモリにフロアデータ読み込みがなされており、BGM毎一新されているからだと思われる。
「グラスダール塔」等が顕著で、数秒毎にフロア移動される度にBGMが流れ直されるので非常に気になる。

とはいえそこまで頻繁なのは後半の一部のダンジョンのみで、この問題点自体気になる人は多くないと思われる。


COMMENT(概要・特徴)

過去・現在・未来…の三部作で作られる予定だった「エストポリス伝記シリーズ」の「現在」を司る作品。
(未来を司る予定だった「エストポリス伝記3 ルーインチェイサーズ」は諸事情で未発売)


本作は割とスタンダードな作りで開発されたRPGで、1993年で発売されている。

SFCソフトとしては前半部にあたり、前後では「ブレスオブファイア」「メタルマックス2」「第3次スーパーロボット大戦」等が発売されている。
特にタイミングが被ったというワケではないが、本作は何故かマイナーなタイトルとして扱われており、周りにも「知らない」と言われる事が大半となっている。
何故当時のゲーマーの大半の手に取られなかったのか?管理人はこう確信している。
ぱっけ表 ぱっけ裏
パッケージデザインがダサい。個人的にはクソゲー臭が溢れている様に感じられる。変なSDキャラは無くて良いと思う。
あと広告では「アジリティシステム」(素早さが高い程行動順が早くなるばかりでなく、行動回数が増加するシステム)を推しているが、
実際の所そこまで実感出来るシステムでは無い為、広告としてはやや的外れ感がある。
むしろ推す部分はストーリーとBGMではないかと個人的には思う。

等と、第一印象は凡作なイメージがありますが、プレイしないのは勿体ないと思いますね。
当時の作りとしてはかなり丁寧な作りだと思うし、BGMも良質で、何よりエンディングが感動的でいつまでも心に残るタイトルだと思います。
メッセージもさることながら、下図のシーンに入る時のBGMの切り替わりもまた良い仕事をしている。
e1 e2 e3
ヒロインであるルフィアは四狂神を何度も復活させてしまう能力を持った神だった。
デュアルブレードは主人公の意思に反してルフィアの命を奪ってしまったかに思えたが、記憶を完全に消去させていただけで、一命は取り留めていた。
ちょっと「エリア88」みたいなエンディングですが、個人的には考え得る中で一番ハッピーな流れなんじゃないかなと思います。

冒頭でも述べた通り、「エストポリス伝記」は3部作構成で開発されており、
本作は「現代」という時系列で展開され、続編の2では「過去」でマキシム達の冒険を描いたストーリーとなっています。
そして「未来」という事で「エストポリス伝記3 ルーインチェイサーズ」がPS1で発売予定でしたが、残念ながら今現在(2016年)になっても発売はされていません。
開発会社が倒産した事と、1・2の売上が芳しく無かった事が原因としてあるらしいですが、エスポリファンとしては残念極まりない事ですね。
(一応GBで続編が発売されている他、GBAで外伝、DSで2のリメイクが発売されています。ただどれもストーリーに決着をつける内容ではありません)

ただ膨大に伏線を張っていたワケでも無かったので、これで終わりといえば終わりと締めくくる事も出来ますが…。

もし「本作はプレイしたけど2はやってない」という人がいたら、是非2もプレイしてほしいですね。
本作をプレイしていたら、「2の最後は分かっている!」と思うかも知れませんが、当然それで終わらないサプライズがあるので…是非プレイしてほしい!

P.S.
今回はセカンドプレイになるので、全ての宝箱と埋没アイテムは回収したつもりでしたが…
ED
どこかで宝箱7個を逃している…埋没アイテムに至っては12個も逃している。
そんなに一体どこにあるというのだ!?('A`)


エストポリス伝記 TOPページへ

TOPページへ