ゲームの里
レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

機動戦士ガンダム戦記(PS3) / 紹介

コンテンツ

作品情報

パッケージ 機動戦士ガンダム戦記(PS3)
ジャンル 3Dアクション

発売日

2009/9/3

開発元

ベック

販売元

バンダイナムコゲームズ

価格

8379円(税込)

インストール容量

3500MB以上(任意)

レーティング

CERO:A(全年齢対象)

ポイント

・一年戦争後の外伝ストーリー
・ストーリーに突っ込み所満載
・70種以上のモビルスーツ
・強化パーツで性能の底上げが可能で武器も自由
・ビームが反則級に強力
・強化パーツ無しの標準機体で強制出撃多数(理不尽)
「各機、特攻しろ!俺は隅っこで見てる!!」
・特典の動画がハイクオリティ

●あらすじ(公式ページより)

地球連邦軍とジオン公国軍が戦った1年戦争の終戦より1年あまりが経過した、U.C.0081年。 連邦軍の勝利により世界にはひとまずの平和が訪れたようにみえたが、いまだ各地ではジオン軍の残党が投降を拒否、モビルスーツ等の兵器を用いて激しく抵抗していた。

連邦サイド【ファントムスイープ隊】
宇宙世紀0081年。 人類の半数を死に至らしめた戦いから1年もの月日が経過していたが…戦いの火が消える事はなかった。 連邦軍は現状を打破すべく、アフリカ大陸に潜伏するジオン軍残党に対して「砂漠の風」作戦を発動する。

ジオンサイド【インビジブルナイツ】
宇宙世紀0081年。 屈辱的な敗北を喫したあの日から、1年もの月日が過ぎ去っていた。だが、ジオン軍将兵はこの敗北を認めず、連邦軍に一矢報いるために「水天の涙」作戦の準備を着々と進めていた。


●ゲーム内容

一年戦争後を描いた外伝ストーリーとなっており、数あるガンダム作品でもあまり描かれていないU.C.0081時代の話でもある。勘違いされがちだがPS2の同名ソフトとは全く別の作品であり、本作専用のオリジナルストーリーが色濃く展開されるのも本作の魅力の一つ。
ゲーム内容は前作同様3Dアクションとなっているが、以下のように多くの点で改善が行われている。

アクションパートも当然強化されており、PS2に比べてぬるぬる動き、戦ってて非常に楽しい。それぞれの利点を持つ機体や武器を組み合わせ、自分の好きな戦いが出来るかを楽しめる奥深さがある。



TOPページへ
ページのトップへ戻る