top

●リトルマスター ライクバーンの伝説 - レビュー(ネタバレ含む)


GOOD POINT(長所)


可愛いキャラクター
 

動物をモチーフにした可愛いキャラが多く、なごむ。
 

主人公の戦闘グラフィックはどうしても「リーゼント野郎」にしか見えない(続編の2で改善されている)


戦闘中にセーブ可能
 

戦略パートは時間がかかる為、これは嬉しい要素。
 

セーブデータが1個なのが残念な所。
 
BAD POINT(問題点)


リイム無双
 

主人公のリイムが強すぎて、他の味方が目立たない。
 

同時に3,4体にボコられればさすがにやられるが、回復魔法陣を活かせばリイム単独でクリアも充分可能。


ストーリー後半のイベントを過ぎるとリイムの会心率が100%になる為、この無双傾向に拍車がかかる。


続編の2では多少バランス改善されている。


恐怖の「必殺の一撃」
 

敵・味方共に一定確率で発動する「必殺の一撃」は正に「相手を必ず殺す一撃」
 

主人公リイム(と各種ボス)だけは必殺の一撃を受けない。この仕様が上述の「リイム無双」に拍車をかけている。


そもそも常に一撃でやられる危険性があるという運要素は戦略ゲームとしてはどうなのだろうか?
こちら側は必殺されないといった仕様でも良かったのでは?


タムタムとラミア(メデューサ)の冷遇
 

上記2キャラはライム姫同様、本作の美少女成分を司るキャラ。雑誌での販促や説明書にもイラストがちらほらあった。
 

にも関わらず、あまり目立たない存在。むしろ空気。期待した人にとっては詐欺と言われても仕方ない扱い。


特にタムタムはシナリオ10クリア時にモブキャラとして登場するのみ。(次回作では仲間の一人として登場する)


COMMENT(概要・特徴)

良くも悪くも、よくある設定のファンタジー戦略シミュレーション。
GBにおける戦略シミュレーションの代表格と言える作品です。(そもそも他に戦略シミュレーションが殆ど無いんですが…)

まず大きなパッケージが目を引きます。サガ2と同サイズです。
サガ2が大きいパッケージにした理由が『ユーザーの目を引きやすいから』らしいので、本作も同様の理由なのかもしれませんw

正直、ストーリー内容は大きな期待を持てるモノではありませんが、
キャラの可愛さやシナリオクリア時のグラフィック付きインターミッションはリトルマスターの世界にグイグイ引き込んでくれる魅力があります。

次はどんなグラフィックと展開が待っているのかな〜と、クリアまで頑張れる意欲が湧いてくる内容となっています。
それだけにシナリオ1〜10のグラフィックが全部王様ってのが何気に悲しかったですね。(シナリオシアター参照)

アニメーションする戦闘シーンもGBにしては頑張っていると思います。
しかも攻撃モーションは1つではなく、何種類かあったりするので見てて飽きません。

しかしながら、ボリューム不足は否めない作品でしたね。
15シナリオしかないって…( ;Д;)ウッ

この様に不完全燃焼感を感じたら、続編の「2」もプレイすることをオススメしておきます。
シナリオ数が倍以上!グラフィックとキャラ数もかなり増加しています!

ライム1 ライム2 ライム3
作品の感想からは外れますが、ライム姫の服はエロいと思う。
(姫自身の趣味である、あるいはゲザガインに着せられた。の2つの説がある)



リトルマスター ライクバーンの伝説 TOPページへ

TOPページへ