ゲームの里

レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。


カエルの為に鐘は鳴る / 紹介

コンテンツ

作品情報

パッケージ カエルの為に鐘は鳴る
ジャンル RPG

発売日

1992/9/14

開発元

任天堂開発第1部
インテリジェントシステムズ

販売元

任天堂

価格

3800円(税別)
3DSバーチャルコンソール:411円

容量

4Mb(512KB)

再開方式

セーブデータ×2

ポイント

・任天堂らしい丁寧な造り
・誰でも楽しめる難易度
・万人に高評価を得ている良作
・特にストーリーに重きを置いている

●あらすじ(説明書より)


●ゲーム内容

任天堂が送り出した、今なお数多くの人から「良作」と謳われてやまない異色RPG。

ゲーム内容としてはRPGに「スーパーマリオブラザーズ」の様な横スクロールアクションを混ぜた様なシステムとなっている。謎解きをしながら城の奥へと進んでいくが、子供でも十分解ける内容となっているので安心。
戦闘はシンボルエンカウント方式(フィールド上にいる敵に接触すると戦闘が始まるタイプ)を採用しているが、戦闘自体は攻撃を自動的に応酬するシステムとなっており、プレイヤーが介在する事のないシンプルな内容で、誰でも楽しむ事が出来る。
また、通常のRPGの様な経験値システムではなく、各地に落ちているアイテムを入手して行く事で強くなっていく為、レベリングに時間を取られる事がないのも特長。

本作は何よりストーリーに重きを置いており、お金持ち王子(主人公)が、別国の姫を助けるべく魔王デラーリンを倒そうと単身冒険する物語。カネにものを言わせて物事を進めようとしたりと、ボンボンっぷりが目立つ主人公が冒険を経て成長していく様や、ライバルとの友情等、心に訴えかけてくるストーリーがウリ



TOPページへ

ページのトップへ戻る