ゲームの里

レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

ファイアーエムブレム 封印の剣 / 裏技・小ネタ

闘技場で有利に戦う

闘技場で戦う際は必ず市販装備になるが、神将器装備で入場した場合、能力値補正が乗ったまま戦う事が出来る。+5補正でしかないが、デュランダル(力)やフォルブレイズ(運)等は強力。

玉座の隠し効果

玉座の地形効果は「防御+3、回避+30%」としか表示されないが、加えて「魔防+5」の効果がある。

トライアングルアタック

対象となる敵を【シャニー、ティト、ユーノ】か【ボールス、バース、ウェンディ】の3人で囲んだ状態で攻撃すると、トライアングルアタックという描写と共に必中&100%クリティカルになる。セリフは1度確認したら2度目以降は発生しない。尚、トライアングルアタックの効果は1撃目のみ有効で、追撃や勇者武器による2撃目以降は通常攻撃になる。

火竜石を盗む

本来、敵専用アイテムである「火竜石」は、以下の手順で盗む事が可能。
  1. 第23章で盗賊に弱い武器を装備させ、道具欄を1つ以上空けておく。
  2. ドルイドの範囲内に盗賊だけを入れ、バサークを受ける。
  3. バサーク状態の盗賊が敵マムクートに向かって行き、高確率で「火竜石」を盗む。(敵マムにスリープをかけておくと安全)
ファが使う事で強力な武器になるが、火竜グラフィックが用意されていない関係で画面がバグる。一応使う事は出来るものの、セーブデータが消える等の不具合が確認されている為、ご利用は自己責任で。

本来倒せない敵を撃破すると?

本来、戦闘すら出来ない敵を改造コードでムリヤリ倒すと以下の様な結果となる。要は、イベント時にその敵がいなかった場合はフリーズする模様。
敵名 内容・備考
1 ダマス 本来は1ターン目EPで城を占拠してイベント発生となるが、その前に撃破するとバグってフリーズする。
13 ゼフィール 本来は1ターン目EPでセシリアを倒すイベントが発生するが、その前に撃破するとバグってフリーズする。ちなみにセシリアを救出していたとしても戦闘は行われ、セシリアは撃破される。
13 ナーシェン 本来は2ターン目EPのイベント後、敵城のボスになるが、その前に撃破するとバグってフリーズする。(撃破しても、1ターン目のゼフィールとの会話は普通に行われる)

クリア特典

一度クリアすると以下の特典が得られる。
ハードモード追加
最初から始めると「ノーマル」か「ハード」かが選択可能になる。ハードモードは敵全体が強くなる他、専用に登場する敵も追加される。
サウンドルーム
タイトル画面⇒エキストラ⇒サウンドルーム で作中の曲全てを聴く事が出来る。
トライアルマップ
  • タイトル画面⇒エキストラ⇒トライアルマップでおまけMAPを遊ぶ事が出来る。
  • エピローグデータのみ読み込み可能で、クリア直後の自軍を扱う事になる。(エピローグデータが無い場合は遊べない)
  • ストーリー上の敵キャラをこのトライアルに限り使える。クリア回数によってキャラ数が増える。詳細は後述
  • データは読み込むのみで育成は不可。トライアル中にLvUPする事も無い。
  • オールクリアしたとしても何も無い。ホントにタダ遊ぶだけ。
  • MAP数は最大5種類。ノーマル・ハード両方の終章をクリアする事でフル解禁される。
周回数表示
「状況」コマンドで左下に周回数が表示されるようになる。LボタンでON・OFF切り替え可能。
移動早送り
キャラが移動中、Aボタンを押すと早送りされるようになる。
ユニット個別カラー
設定画面下部に「ユニット個別カラー」が追加される。ONがデフォで、キャラのイメージカラーに微かに光っていた所が、OFFに切り替えると無くなる…という事だが、正直違いがよくわからない程度。

ハードブースト

ハードモードにした場合、敵全ての能力値に強化補正がかかるが「説得されて味方になる」タイプのキャラについては元々が敵の為、ノーマルモードよりも強化された状態で味方になる。クレインやゴンザレスといった微妙な評価をされがちなキャラも日の目を見る…かもしれない。

トライアルマップ専用キャラ一覧

ナーシェン 2週目以降で登場。三竜将の一人だがヘタレの嫌われ者で人望ゼロ。次のゲイルに劣るが、Lvが低い為、見方を変えれば将来性があるのかもしれない。もはや代名詞のデルフィの守りを所持。
ゲイル 3週目以降で登場。実力なら三竜将候補であったが不器用な武人気質だった為、割を食っている。普通に強いが速さ・幸運がやや心もとない。
ヘクトル 4週目以降で登場。序盤でお亡くなりになる偉人。実際の活躍は次作の「烈火」を待つ事になる。THEアーマーというべき能力値だが力がやや不足。加齢に伴っての事だろうか?
ブルーニャ 5週目以降で登場。三竜将の一人で忠臣でセクシーダイナマイツ(予想)。フラットな能力値で守備も意外と高い。何気にリザーブはこの機会でしか使う事は出来ない。
エリウッド 6週目以降で登場。ロイの父で病床の身。次作の「烈火」の主人公でもある。お前の様な病人がいるか!と言いたくなる程能力値が高い。武器はフツーで、武器LvもAの為、無双というワケにはいかないかもしれない。
マードック 7週目で登場。三竜将筆頭として生涯ゼフィールの忠臣で居続けた。力とHPがトップクラスで、手斧の上位互換トマホークが唸りを上げる。体格は20とゲーム中最高値。
ゼフィール 8週目で登場。トータルバランスに優れた能力値で、遠近両用で回数無限の剣エッケザックスが猛威を振るう。能力限界値が全て最大な所が天才を表しているのかもしれない。
ギネヴィア 10週目で登場。ベルンの王女で、平和を願ってロイと行動した。「紋章」で言うならニーナポジションだが彼女と違って能力値は高い。作中では一度も戦闘に出る事は無かったが、これだけ強いなら手伝ってくれても良かったのに…。HPの低さが気になるが、この速さ&幸運なら当たる事も無いだろう。

ファイアーエムブレム 封印の剣 TOPページへ

TOPページへ
ページのトップへ戻る