top

●リトルマスター2 雷光の騎士 - レビュー(ネタバレ含む)


GOOD POINT(長所)


可愛いキャラクター
 

前作同様、可愛い動物をモチーフにしたキャラが多く登場している。
 

戦闘シーンにおけるアクションも多くのパターンがあり、飽きさせない工夫が凝らされている。


LV上限UP
 

前作の最大LVが8だったのに対し、本作では最大16まで増加している。
 

前作では中盤でLVがカンストしてしまう事がザラだったが、これによりシリーズ終了まで育成を楽しむことが可能。


ビジュアルシーン
 

前作でもあった要素。戦略パートクリア時に一枚絵付きでイベントが発生する。
 

今回は王様10連発といったけしからんこともなく、シナリオ数増加に伴ってグラフィック数も増加。


オートセーブ
 

前作と違い、全キャラが動く度にオートセーブされている。(例えるなら不思議のダンジョンシリーズ)
 

緊張感ある戦闘が楽しめる一方で、前作やスパロボの様に吟味プレイ出来なくなっている一面もある。


良BGM
 

前作は正直、耳に残らない曲が多かったが、本作では良曲が多く存在している。
 

「たつまきパニック」「トロイア遺跡」「ボス曲」辺りが特に高く評価されている。
↓の動画で聴く事が出来ます(第三者様が作った動画です)
 


BAD POINT(問題点)

とくになし


COMMENT(概要・特徴)

GB代表格ファンタジー戦略シミュレーションの第2作。

前作と比較してまず思うのがキャラ数とシナリオ数の大幅増加ですね。

前作はシナリオが15話しかなく、キャラ数もお世辞にも多いとは言えませんでした。(それでもGBとしては及第点でしたが)
本作はそれを大幅にグレードアップしたことで、GBの限界を超えているなと感じましたね。

ストーリーはよくも悪くも無い王道モノということに変化はありませんでした。
(なんて書くと辛辣っぽいですが、管理人は大好きですよ!)

ただ惜しむらくは、タムタムやライム姫との絡みが全く無いってことかな〜

せっかく幼馴染とか三角関係といった設定があるのに、
どうしてそういうのを話に持ってこないのか…個人的には勿体ないように思いますね。
(まあそういうの持ってくるとギスギスするかもしれないから、あえて出してないのかもしれませんけどね)

一応続編がSFCで発売されています。個人的にはさらに飛躍してほしいシリーズなんですけどね。

もうかなりの年数経っちゃってるけど、オレは一生続編待ってますよ!


ED



おまけ

発売前の広告
広告1
『可愛いキャラ』と『戦略シミュレーション』ということで購入意欲をくすぐられたのはオレだけじゃないはずw


発売前の広告
広告2
,茲蠅魯好函璽蝓爾貌佑湛んだ内容の広告。
説明書にもなかったカラー絵が魅力。



リトルマスター2 雷光の騎士 TOPページへ

TOPページへ