ゲームの里

レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

プレイする怖い話 / レビュー(ネタバレ含む)

長所(Good point)

★ノベルゲームに欲しい機能の殆どを実装している
  • 特に既読スキップは嬉しい。個人的には一番ほしい機能。
  • 他にもオートモードやバックログがあり、無料ゲームとは思えない程の完成度を有している。
  • 後は攻略チャートから任意の選択肢まで飛べればサイコーだったが…そこまで望むのは酷かもしれない。

短所(Bad point)

★稀に長い広告が出る
  • 各エンディング時流れる広告は通常5秒だが、稀に30秒のものが流れる。
  • 更に閉じるボタンが存在しない広告が流れ、ゲームを閉じるしかなくなる事態に陥る事が極々稀にある。こうなると強制終了するしかなくなり、立たせた既読フラグが無かった事になってしまう。(但しこれは広告の都合で、作品の落ち度ではない)
  • 他にも極稀にデータロードにも広告が流れ、ロードが行われない事がある。(再度ロードする必要が生じる)

感想(Comment)

本作は「小さいスマホで遊ぶのに適したゲームジャンルはノベルゲームだよなー」という思いつきから見つけた作品です。僕がノベルゲームが好きなのもありますがw
完全無料ゲーでありながらノベルゲーに欲しい機能は殆ど実装されているのが素晴らしい作品でしたね。
攻略チャート機能があり、既読率が見えるのも素晴らしい。これがないと極めたかどうか分かりませんからね…。元祖ノベルゲームの弟切草あたりは良い例でした。


シナリオ内容は「かまいたちの夜2」みたいにグロくて記憶にこびりつく類のトラウマゲーだったらイヤだな…と思いつつビクビクプレイしてたんですが、良い意味でそこまで怖い話ではありませんでした。いや、読んだ直後に夜トイレに行くのがビビるくらいは怖いんですが(どっちやねん)。

クリア状況によってシナリオやエンディング、選択肢が増えるといった既存のノベルゲー要素はありませんが、それでもボリュームは十分だと思います。

ただ一部スッキリしない終わり方をするシナリオもあるなと感じましたね。
例えば「変わったバイト」シナリオでは、ED3,4で先輩の小林さんが急に主人公に牙剥いて来ますが、これについての理由は結局語られません。他のEDについては、小林さんが奥に棲む者にすでに関わった経験があり、主人公が繰り返しているという事で納得できるのだが…。

「嵐のxxx」も、男が結局何なのか全く分からないまま終わります。女の子一人の家に侵入して部屋に押し入って来た、手錠をはめた悪臭男はなんだったのか(恐怖)

「霧の谷」では選択肢によって主人公が被害者になったり性格ごと加害者に変貌したりしますが、これについてはノベルゲーあるあるなので個人的には混乱しません。かまいたちの夜でミステリー編かスパイ編かでキャラ設定が全く変わるのと同じですね。ただその辺の都合が分からないプレイヤーは混乱するかも…。

急に実写っぽいグラフィックが出るとビビるw
俺を殺した時を思い出せって何なんだ(哲学)

いずれにせよ良く出来てます。これで無料とは遊ばにゃソンソンというレベル。ノベルゲーム好きや怖い話好きは是非遊ぶ事をお勧めしますヽ(*'▽')ノ
ちなみに続編もあるようです。いずれプレイしてレビューを書こうと思います。


プレイする怖い話 TOPページへ

TOPページへ
ページのトップへ戻る