ゲームの里
レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

TEPPEN(てっぺん) / 攻略のコツ
更新日:2019/8/14

基本(特に留意しておきたい事項)

名称 効果/備考
リベンジ 破壊されたと同時に記載分の強化が成された上でコストが半減(小数点切り捨て)した状態でデッキに戻る。
アーツチャージ プレイと同時に記載された数値分AP(アーツポイント)が上昇する。
ヴェール アクションカード、ヒーローアーツの対象として選択できなくなる。ランダム対象や全対象効果までは避けられない。
貫通 敵ユニットを倒した時、攻撃力が相手ユニット体力を上回っていた場合、その余り値分のダメージを相手リーダーに与える。
犠牲 記載値分、自リーダーがダメージを受ける。大体の場合デメリットになるが、それだけ強力なカードが多い。
空戦 相手ユニットを無視して相手リーダーにダメージを与え、相手ユニットからの反撃を受けない。攻撃を受ける際は通常通りで、相手ユニットが空戦持ちだった場合は通常通りの戦闘として処理される。
呼応 アクションカードを使う度、記載値分強化される。アクションレスポンスでの使用もカウントされる。
俊敏 攻撃準備時間が半減する。(攻撃スピードが通常の2倍)
シールド 次に受けるダメージを1回無効化する。重複可。「破壊」や「除外」といったダメージでない除去は防げない。
停止 攻撃矢印が止まり、反撃も出来なくなる。
封印 能力・状態が無効となる。攻撃・HPはそのままでその後のバフも有効。
ライフ+ 記載値分の値だけリーダーライフが回復する。30を超える事はない。
臨戦 プレイした瞬間、攻撃矢印が3/4程進んだ状態からスタートとなる。
連撃 攻撃が同時に2回行われる。「同時」の為、1回目で敵ユニット撃破で2回目は敵リーダーにダメージ…とはならない。
MPブースト 記載数値の%分、MPチャージ速度が上昇する。重複可。

攻略のコツ

管理人のデッキ

管理人はロックマンXシリーズが好きな為、以下のチャージショットエックスで遊んでいます。

まずアイルーやアイリスといった丈夫でMPブーストを持つユニットで埋め、チャージショットで強化していく内容です。場持ちを良くすべく三角跳び等のシールドを組み込み、除去カードとして発勁と緊急出撃を採用しています。
ユニットを強化していく内容の為、ユニット枚数は9枚と少なくしています(手札がユニットだけになるとスタックしてしまう為)。逆に
最初の手札にユニットが一枚も来ないと半分詰んでしまう欠点も。
リュウやネルギガンテといったダメージ除去を行ってくるタイプでも押し切れないパワーと耐久力を育てられる反面、
ウェスカーや黒カードの様な破壊要素には滅法弱い欠点を持ちます。
現状、空戦で突破してくるデッキが流行しており、上手く除去出来なかった場合は成す術もなくやられるパターンも多いです。要研究ですね。


TEPPEN(てっぺん) TOPページへ


TOPページへ
ページのトップへ戻る