ゲームの里
レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

スーパーロボット大戦X-Ω / レビュー(ネタバレ含む)
更新日:2016.12.17(引退済み)

長所(Good point)

戦闘がシンプルでラク

 
  • 戦闘はセミオートでリアルタイムに戦うラインディフェンスと呼ばれる内容で、誰でも簡単に遊べる内容。

  • こちらの戦力がある程度高ければフルオートモードだけで戦える為、片手間でも十分進める事が可能。

  • 一方、マニュアル戦闘を行う必要がある場合は5機全てをリアルタイムに操作するのは難しく、そもそも重なって思い通りに行かない事が多々ある。

ストーリーがある

 
  • 今作のバンプレオリジナル主人公である「ヴァンアイン&アサヒ」を主軸にしたメインストーリーがある。また、定期的にストーリー込みのイベントが行われており、これは版権作品2、3作品程をクロスオーバーされた内容となっている。

  • 各ユニットのアビリティを解放する為の「ユニットストーリー」もあり、これはユニットの数だけ存在している為、膨大な数となっている。但し、こちらは原作通りの話だったり、割とどうでもいい類の話が多く、正直面白いとは言えない。

無課金でも十分プレイ出来る

 
  • 有料で「Ωクリスタル」を購入してガチャを行えるが、Ωクリスタルはデイリーミッション等でも少量ながら入手出来る。

  • また、イベントでSSRユニットの入手が可能。但しガチャ産には性能で劣る事が多い。定期的に「クリスタル一個でガチャ一回/日」といったキャンペーンも行われており、超低確率ではあるが当たりも狙える。

  • イベントSSR編成でもストーリーを追うだけならば十分可能。

意外な作品の参戦が多い

 
  • 別ゲーである「ボーダーブレイク」、別ゲーを題材にしたアニメ「アイドルマスター ゼノグラシア」、子供アニメの「クレヨンしんちゃん」、ボトムズ外伝ではあるが、殆ど生身で戦う「機甲猟兵メロウリンク」、世界観的に難しかった「ゼーガペイン」、スパロボラジオ「うますぎWAVE」から新人ロボットモイモイ等。従来スパロボでは色々な意味で難しかった作品が参戦している。

  • 版権BGMや音声、スパロボ原作の様な凝った戦闘アニメを作る必要が無い事も、本作に参戦実現出来た背景としてはあると思われる。

短所(Bad point)

原作BGM、音声が殆ど無い

 
  • BGMはスパクロオリジナルのモノが何曲かあるだけで、原作BGMは一切無い。音声は一部ユニットに「パイロットパーツ」を着ける事で精神コマンド・必殺技時のみ発声されるが、殆ど無いと言っていい。版権BGMと音声はスパロボの軸とも言うべき特長な為、これを欠いている時点でスパロボとは言えないという意見もある。

  • また、本作オリジナルのBGMも良いとは言えない。曲数が少ない事も相まって、イマイチ盛り上がりに欠ける。

ストーリーの盛り上がりに欠ける

 
  • メインストーリーは全てスパロボ原作みたくバストアップのキャラとメッセージによっての会話で行われるが、演出は殆ど無い為、イメージが難しい。一枚絵シーンも設けられているが、これも少なめ。このキャラが敵に!?みたいな驚愕イベントや伏線は多く、ストーリーは悪くないのだが…。

  • また、前述の通り微妙なBGMで成り立っている事も盛り上がらない要因として大きい。版権BGMとは言わないまでも、せめて過去作のスパロボから持ってくる事は出来ないのだろうか?

ユニットクエストが手間

 
  • 各ユニットのアビリティを解放する為にはユニットクエストを行う必要がある。これはストーリーも込みな為、楽しみでもあるのだが、空白クエストが約7割を占める。

  • 例えばSSRユニットなら解放アビリティが3つあるが、ユニットクエストは9つ。ただ戦うだけのクエストは6つもあるという事になる。何故こんな空白クエストを設けた? グランブルーファンタジーのフェイトエピソード同様、空白クエストは無くて良いのでは? バージョンアップにより、ユニットクエストは戦闘と行動ポイント消費が無くなり、ストーリーを読むだけの内容となった。

  • また、下位互換的なSR、Rユニットのユニットクエストのストーリーは共用。悪く言えば使いまわし。さらに、SSR未満のユニットは単純にクエスト数が少ない為、ストーリーが中途半端に終わり、非常に不完全燃焼感が強い。

特効ユニットありきのイベントがある

 
  • イベントに絡んだ作品の一部ユニットは期間中のみ「特効効果」を持つ様になり、攻撃力・防御力・アイテムドロップ率等が超upする。ゲームアプリによくある設定。

  • 一部のイベントではこの特効ユニットありきのバランスになっている事も否めない。例えば「強敵クエスト」という類では、倒す度に強くなっているボスを延々倒していく内容だが、特効ユニットがない場合は数十回倒すのがやっととなる為、そのイベントで貰えるSSRをフルに凸れないままイベントが終わってしまう。特効ユニットはガチャ産である事が大半な為、おのずと無課金プレイヤーにとっては敷居が高くなってしまう。

  • ただ、全てのイベントが特効ありきではない事と、中途半端にしか凸れなかったとしてもアリーナ戦で貰えるSSR限界突破素材で補完は可能。

Sランククリア条件の「戦艦ノーダメージ」がストレス

 
  • どんなに圧倒的な戦力を持っていても、戦艦に蚊が刺した様なダメージを受けただけでクリアランクが下がるミッションが多い。

  • オートプレイをしていると単純に同じ敵に全員殺到し、その脇をザコ敵が抜けてくる事が要因だが、これを防ぐためにはシューターユニットを一体用意し、それを自分で動かして盾にするのが一番良い…のだが、これはこれで結局手間に感じてしまう。

  • メインストーリー中盤からは、「戦艦HP80%以上でクリア」という条件が多くなった為、運営側もこれに考慮したのだなと感心したモノだが、結局この条件が今でも散見される。

感想(Comment)

本作はスマホ版スーパーロボット大戦という事で、前評判としても結構な注目を浴びていた作品です。管理人としても現存しているスパロボの9割はクリアした人間としては無視できない作品でしたが、やってみると「これは違う」感がハンパ無かったです(´Д`|||)
スパロボの魅力は多く「版権BGMと音声、バンプレオリジナルを交えたクロスオーバーストーリー」が大きいかなと思うのですが、前者はそもそも無く、後者は微妙といった評価です。メインストーリーは強敵が現れてはそれを皆で倒し…というのがメインなので('A`)
個人的にはメインストーリーよりも、むしろ定期的に行われるイベントストーリーの方が個人的に面白く感じます。「恋愛相手に不満を感じたレイン(Gガン)とエウレカとサラ(キンゲ)が、東方不敗の下で修業して男の気持ちを掴もうとする(キング・オブ・ハート=愛の伝道師と間違って伝わっている)」、「フルメタ、マジンガー、ゼーガペイン、オリジナル勢で、サーバー内でラブコメ」、「各キャラが転移させられ、一方では刹那・オルフェウス・宗介・レントンの4人が荒野で一週間サバイバル生活」

サバイバル能力高そうなメンツ(゚д゚|||) 後はオリーヴ(アサヒとはまた別のオリジナルキャラ)達のドタバタコメディも地味に面白い。
あと一部のユニットクエストはifの話を描いている事もありますね。

ダブルロックオン状態(゚д゚)(゚д゚)
まあそんなこんなで、根幹的なスパロボ的面白さは大きく欠けてますが、もう別ゲーとしてそれなりに楽しんでいます。定期的に行われる大型アップデートでは「アリーナモード、制覇モード」といった別種の面白さも追加されたし。
先日は「Sランククリアしたクエストは一瞬でクリア出来るモード」や「戦艦・サポートキャラはユニットとは別窓で扱う(これまで枠を食っていた)」等の改善が成され、一度クリアしたストーリー(期間限定イベント含む)はいつでも振り返って見られる様にもなりました。
ユーザーの声にも耳を傾けて改善している姿勢が感じられます。

スパロボ好き…というよりはロボットアニメ好きなら楽しめるんじゃないかなと思える作品です。
前述の通り、まさかと思える作品が参戦したりする事もあって、良い意味で目が離せません。
片手間で遊び易いし、当分はプレイすると思います!


2017/3/1追記
何故かアップデートが出来なくなり、おのずとプレイも出来なくなってしまった為、残念ではありますが引退しました。ストーリーの行く末がちょっと気になりますが、何かの形で追っていければと思ってます(´▽`;)

スーパーロボット大戦X-Ω TOPページへ


TOPページへ

ページのトップへ戻る