top

●ランブルシティ / レビュー(ネタバレ含む)【更新日:2016.10.20】


GOOD POINT(長所)


一回あたりのプレイが短時間
 

金の回収や建立・レベルアップ等の為にちょくちょくINしなければならないのは他のゲームと同じだが、これらは1,2分もあれば出来る。

個人的には、長くつきあえるゲームというのはやはり「トータルで時間がかからない作品」だと思うので、かなりの良点であると言える。

但し、2016年10月以降、プレイ時間がかかるイベントが登場しはじめた。内容は後述


他プレイヤーと協力するイベントがある
 

普段からあるイベントとして、猫探しや金鉱発掘があるが、これらは他プレイヤーとの協力が必須。
他プレイヤーとサラッと関われるのは地味に良点だと思う。(ここはかなり好みが分かれるポイントだとは思うが…)
 

逆に「協力しなければいけないイベント」とも言える。金鉱は任意だが、猫探しはログインと同時に強制で行われる為、タイミングによっては煩わしく感じる事も。
2015年6月頃のアップデートで猫探しも任意になった。


2016年辺りのイベントから、他プレイヤーの街にお邪魔して特定のNPCを捕獲・回収する内容も多くなった。
(自身の街では回収できない類だったり、他プレイヤーとの関わりがある程度意味を持つ様になった。良点かは微妙な所だが)


課金の必要性がほぼ無い
 

課金で得られる「ダイヤ」はガチャにあたる「ルーレット」をしたり、建築時間をゼロにしたりと様々な便利効果がある。
このダイヤはログインボーナスをはじめとした色々な取得方法がある為、課金せずとも十分な個数が得られる。
 

とはいえダイヤは有効性がかなり高い為、極めたいと思う人は課金する必要がある。良いバランスだと個人的には思う。


BAD POINT(問題点)


読み込みが遅い
 

タイトルからゲームが始まるまでに20秒程かかり、さらに自分の町が完全に表示されるまでに時間がかかる。
これは建立したオブジェクトを一個一個読んでいる為で、町が発展する程読み込みが遅くなるというジレンマを抱えている。


2015年8月から第二の町が実装され、移動する度に前述の町読み込みが発生する事になった為、この問題に拍車がかかっている。
(2016年10月現在ではメイン街は4つ、サブ街(無人島等)も含めると7つ程ある)

発展に欠かせない材料が1時間毎にフル生産される状況なら、1時間毎にログインする事が攻略面では推奨となるが、
「こう重いと毎時ログインしたくないよ」と思わなくもない。


司会の声が微妙
 

街建てマッチ開始に発言するグラサン司会の声がやや不快。ネットで見る限り同様の意見を持ったプレイヤーが多い模様。
司会「自分がナンバーワンだと証明しろォ(小物感)」
 

2015年6月のアップデートをもって、司会はリストラされ、秘書のペニーが発言するようになった。

ルーレットは相変わらず司会が出てくるので、完全リストラされたワケではない。
ルーレット自体はそう何度もやるものでは無い為か、そこまでブーイングは挙がっていない模様。


全てのキャラがポリゴン感満載
 

プレステ1くらいの見た目クオリティとなっている。動くワケでもなし、普通にイラストにして欲しかった。
 

また、基本的に可愛いとは言い難いキャラが多い。(右の天使がやや気持ち悪く感じるのは俺だけだろうか…)
1 c


COMMENT(概要・特徴)

【2015.8.20記載】
有名な「白猫プロジェクト」と「黒ウィズ」を生んだ「コロプラ」開発の町作りゲーム。
この二作を通じての事前登録から始めたプレイヤーが多いのではないだろうか?
ただこの二作と違ってCM等の宣伝は殆ど行っておらずマイナー感漂う作品となっている。

単純な中にも奥深さを持っており、ランクが上がる度に新しい建物が登場する為、ランク上げに対するモチベーションは維持しやすい。
フラワーショップ、魚屋、八百屋…と典型的な町の店から始まり、後半になると市役所や老人ホームといったリアルな公共施設も登場する。
その為、ついついのめり込んでしまうシンプルな面白さを持っていると思いますね。

ストーリーは一応「大富豪の跡継ぎになるべく、一番人口の多い街を作る」となってはいるが、他プレイヤーに勝つべく街を作るワケではない。
(一時的に人口を競ってゼロから街を作る「街建てマッチ」はまた別ですが…)
ランキング制なども現在の所ないので、実質自己満足に寄る所が大きい。プレイヤーがゴールだと感じたらあっと言う間に終わるゲームとも言える。
その為、熱しやすく冷めやすいゲームかなと思います。

ただ前述した通り、プレイ時間が短く遊べる為、長く付き合うのが苦じゃないのは個人的に高評価ですね。
これでキャラが可愛ければサイコーだったんだけど…。
あとは読み込みがもうちょい軽いと嬉しいかな。読み込み時間は別の事やって凌いでるんで、あんまり気にしてないですが。
とはいえ、無料でここまで遊べるんだから、求めすぎるのも酷ってモンかなw

動物園や発掘イベント等の大型イベントもちらほら楽しめる作品となっているので、出来るだけ長く楽しんでいきたいですね。

【2016.10.20追記】
なんだかんだで1年以上プレイ続行中。プレイ時間がさほどかからないというのは、やはり良い。(現在街人
700万、ランク104)
公園等の支援オブジェの人口増加数が2万、3万等がザラに現れ、駅に至っては人
最大数+300%等々、ややインフレがかった状況になってますが、
この手のゲームにはよくある事かな。無課金プレイヤー向きなのは変わりないから、まあ良し!

期間限定イベントのオブジェを最高LVに上げようとすると、連続1,2時間くらいポチポチしなきゃいけない内容だったりする事も増えてきましたが、
ここまでプレイするとなんとなく「やらなくちゃ」とのめりこんでしまう。ゲーム相性も良いんでしょうが、地味に熱中度高いゲームだな〜と思う今日この頃。
(実際は人
増やして、自己満足に浸るゲームなので、相性が良い事ありきだとは思います)

【2016.11.11追記】
最近になって時間のかかるイベント内容が増えてきたように思う。
10月のハロウィンイベントは、「スリラータワー」「かぼちゃタワーケーキ」を主にLVUPさせていく内容だが、チャレンジマッチ(詰め将棋の様なモノ)をクリアする事で得られる材料が複数必要で、
実質同じ問題を何十回もクリアするだけの作業が必要になる(ワンクリアにつき5分はかかる)。さすがに時間の浪費感を感じた。
しかも前述のLVUPさせる建物はあまり優秀な能力ではない。頑張って作った割に微妙な建物だったとあれば、ガックリくるのも仕方が無い。

また、11月現在では「温泉イベント」が開始されたが、これまた時間の浪費感を感じる内容である。
これは「温泉(モール型建物)」に各種温泉を設置していき、「温泉コイン」を集めてさらに温泉を発展させていく…という内容だが、
温泉は30秒〜10分毎に汚れて無効化されてしまう為、その度にタップしてキレイにする必要がある。実質30秒毎にタップしなければいけないので忙しい。
さらに別の材料を得る為に、街を闊歩する少数の「まんじゅう君」をタップしなければならない。
さらに現時点では、イベントが終わった後「温泉」がどのような建物に変化するのか分からない。過去イベの「神社」の様に、金を得るだけの建物になるのだとしたら頑張るだけムダになる。
(本作のお金はモール型建物の出現から「余って余ってしょうがない」状態になっている。現状捌け口は設けられていない)

かといって、イベントが過ぎるとLVUP出来なくなるので、今しか出来ないと思うと、ついやっちゃうんだ!
あんまり時間ばかりかかるゲームになっていくなら、今後は付き合いを考えないといけないかな〜(´□`。)


ランブルシティ TOPページへ

TOPページへ