top

●スーパーロボット大戦OE - 紹介

タイトル
スーパーロボット大戦OE
(オペレーションエクステンド)
ジャンル
戦略シミュレーション
発売日
2013.7.18(第一章配信日)
開発元
さざなみ
発売元
バンダイナムコゲームズ
価格
全章パック5980円(税込)
1章500円(税込)
2章以降 単章当たり1000円(税込)
CERO
B(12歳以上対象)
媒体
ダウンロード専用
インストール容量
1.7GB予定(全コンテンツ)
セーブ容量
KB
ポイント
ダウンロード専用販売タイトル
・プレイ可能機種はPSPとPSvita
・全8章構成、1章毎に順次販売
・1章当たりの20ミッション以上ある
・Wiiの「スパロボNEO」のシステムを踏襲
・戦闘シーンは3D
セーブデータは中断データ含めて1つしかない
公式サイト

攻略のコツ
各種データ
レビュー(ネタバレ含む)


●あらすじ(電子説明書より)

地球統一政府である地球連邦の樹立から数十年。
人類の科学、技術、経済の発展は加速し、地球周辺には巨大なスペースコロニーが建設され「宇宙世紀」が始まった。
やがて太陽系全域に進出した人類は、膨大な資源とエネルギーを得て大いに栄えたが、急速に発展した人類の活動は、繁栄と同時にあらゆる問題の規模を大きくしてしまっていた。
経済の膨張は格差を生み、反社会的な組織に膨大な資金、資源、人材の流入を促した。
その結果、テロ組織や海賊組織の動きが活発になり、Dr.ヘルのように世界征服を堂々を掲げて全人類に挑む者まで現れた。
だが、地球連邦軍はこうした事態に対処しきれず、旧国家自治体や宇宙コロニー群も自衛の為に武装する事を余儀なくされてしまう。

こうして始まった軍拡は、当然ながら国家間や人類間の緊張を高めてしまい、統一政府の理念が失われるのにさして時間はかからなかった。
皮肉にも、戦いは科学の進歩をさらに加速させ、デビルガンダム事件に代表される暴走するテクノロジーを次々と生み出してしまう。
同様に、未知のエネルギーの研究は、地球のエナジーバランスを変貌させ、人類とは異なる種族の侵攻を呼び込む要因となっている。

インベーダー、ムゲ帝国、邪神ドラゴ、機械化帝国、ジャーク帝国、大魔界等の人知を超えた脅威が地球圏を次々に襲ったのは記憶に新しい。
だが人類はこれら数々の危機を乗り越え、幾度となく復興し発展を続けてきた。

人々は、いつ襲い来るとも知れない危機に不安を抱きながらも日々を力強く生きているのだ。


今回はオーバーテクノロジーを持つ大企業「コネクト」の軍事部門「コネクト・フォース」に務める主人公が、地球全体を守るべく各地の戦力を集結させるべく活動する。
参戦作品の多い本作だけに、敵勢力も多く複雑極まる状況で地球はどうなっていくのかが見物。


●参戦作品(説明書より)
 ・天元突破グレンラガン
 ・装甲騎兵ボトムズ(TVシリーズ、ペールゼンファイルズ、レッドシュルダードキュメント 野望のルーツ)
 ・蒼き流星SPTレイズナー
 ・絶対無敵ライジンオー
 ・元気爆発ガンバルガー
 ・熱血最強ゴウザウラー
 ・完全勝利ダイテイオー
 ・覇王大系リューナイト
 ・ケロロ軍曹
 ・コードギアス 反逆のルルーシュ
 ・ゾイド -ZOIDS-
 ・ゾイドジェネシス
 ・機動戦士ガンダム
 ・機動戦士ガンダム第08MS小隊
 ・機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争
 ・機動戦士Zガンダム
 ・機動戦士ZZガンダム
 ・機動武闘伝Gガンダム
 ・新機動戦記ガンダムW
 ・機動戦士ガンダム00
 ・聖戦士ダンバイン
 ・重戦機エルガイム
 ・獣神ライガー
 ・真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日
 ・真マジンガー 衝撃!Z編
 ・機動警察パトレイバー(TVシリーズ、劇場版)
 ・マクロスフロンティア
 ・戦国魔神ゴーショーグン
 ・超獣機神ダンクーガ
 ・NG騎士ラムネ&40


●ゲーム概要
スパロボ初のダウンロード専用販売タイトル。
システム面はWiiの「スパロボNEO」を踏襲している為、これをプレイした人には入り易いと思われる。
(逆に未プレイ者には従来と大きく違うシステムになる為、ある程度慣れる期間を必要とするかもしれない。従来スパロボとの主な違いはコチラを参照)

本作は全8章構成となっており(1章当たり20話以上)、
第一章は500円、残りの7章は単章当たり1000円となっている。(全章パックを購入した場合は5980円)
それに加え、DLCとして「経験値UP」等のアイテムを販売しており、ダウンロード専用タイトルならではの新しい試みも見られる。

1 2 3
4 5 6


TOPページへ