top

●メタルギアライジング リベンジェンス - 紹介

タイトル
メタルギアライジング
リベンジェンス
メタルギアライジング リベンジェンス
ジャンル
アクション
発売日
2013年2月21日
開発元
プラチナゲームズ
発売元
コナミ
価格
6980円(税込)
セーブ容量
1073KB
インストール容量
2300MB(必須)
対象年齢
CERO D(17歳以上対象)
対応映像出力
NTSC,480p,720p
備考
・振動機能対応
・トロフィー機能対応

初回特典
サイボーグ忍者プロダクトコード
ポイント
・MGS4から数年後が舞台
・爽快感溢れるアクション
・衝撃のラスボス

各種データ
裏技・小ネタ
レビュー(ネタバレ注意)


●ストーリー(パッケージ裏より)
情報統制の終焉はサイボーグ技術を急速に普及させ、新たな火種として世界へを拡散した。
護衛対象の要人を殺害され、自らも深手を負った”雷電”は、敵の言葉に導かれるように再び戦いへと赴く―――。
メタルギアシリーズの血を受け継ぎ、刀による近接戦闘に焦点を当てた”自由切断”アクション見参!

キャッチコピーは「メタルギアが、キレた。」
MGS4から数年後を描いた、雷電が主人公のスピンオフ作品。
サイボーグが主流になった近未来的な世界観で、刀一本で強大な敵組織と華麗に戦う。
多くのオブジェを切断可能な”自由切断”、敵のエネルギー源を奪って回復する”斬奪”等、オリジナリティ溢れるアクションゲームです。


●ゲーム概要
3Dアクションゲーム。PS3ならではの滑らかな動きが特徴。
これまでのメタルギアシリーズは敵に見つからないよう隠れながら侵入していく「スニーキングミッション」が主だったのに対し、こちらは倒して進むのが主になっている。
(見えない所からコッソリ近づいて、敵を一撃の元に倒す『ニンジャキル』も可能)
攻撃方法も従来では数々の兵器を使って遠距離攻撃していたのが、今作では刀による近接攻撃が主流となっており、アクションゲームの持つ爽快さを追求している。

殆どのオブジェを自由に斬って進めたり、敵兵士を切り裂いてエネルギー原を奪う”斬奪”といった新しい楽しみもある。

グラフィック面もかなりのクオリティを持っており、アクションパート・イベントパート共に「これって映画!?」と思う程の緻密さを持っている良作。

レーティングは「CERO-D」(17歳以上対象)
それもそのハズ。刀で敵兵士をメッタ斬りにしてバラバラにします。
「なんというグロ」と思うかもしれませんが、自分も含めて敵は全てサイボーグとなっており、生理的に受け付けないようなシーンはありません。(勿論、その辺の判断は人によりますが)

戦闘中1 戦闘中2
戦闘中3 戦闘中3


TOPページへ