ゲームの里
レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

アーリエル クリスタル伝説 / レビュー(ネタバレ含む)

長所(Good point)

キャラが可愛い

 
  • モンスターメーカー等で有名な九月姫先生によるイラストで、美少女が主人公の戦略シミュレーションというだけで買った人も多分少なくない。

  • ゲーム中でも全身絵が表現される等、比較的イラスト推しな造り。

シンプルイズベストな造り

 
  • 良くも悪くも単純に作られており、誰でも楽しめる内容となっている。一面当たりにかかる時間も短いので、コツさえ掴んでしまえばなんとなく2週目をやりたくなる程。

  • 悪く言えば戦略性が薄い。気を付ける点は「属性の3すくみ」くらいだが、これも地属性の存在が台無しにしている。(後述)

短所(Bad point)

システム面がガバガバ

 
  • 行動後にキャンセル出来ず、途中セーブも出来ない為、慣れるまでは要らぬ緊張を強いられる。

  • 装備の性能が数字に反映されない。実効としてもさほど感じられない程度の違いしかない。

  • 攻撃対象を選択する際、敵がいる方向に十字キーを押しっぱなしにした上で選択しないと自キャラにカーソルが戻り、行動終了となってしまう。

  • 敵の移動範囲が見えない為、敵の行動範囲に対しての戦略が組めない。

EARTH属性無双

 
  • 本作では火水風の3属性は3すくみの関係にあり、その効果は絶大だが、EARTH(地)属性はこれらの影響を受けない。

  • 敵の属性は戦闘するかスキャンの魔法をかけるまでは閲覧不可な為、属性に合わせた戦闘をする事は難しい。だったらもうコチラは地属性だけで良いや、となりがち。

  • 地属性は主人公をはじめとした有能なキャラが多い事も、これに拍車をかけている。

ストーリー描写が殆ど無い

 
  • 冒頭とエンディングに吟遊詩人が語る部分以外にストーリー描写は一切ない。

  • 町人が各種情報を与えてくれるが、どうでも良い事が多く、後半にして「魔法を使う時は残りMPに気をつけろよ!」と今更感が凄いモノも。

  • 宿屋では義勇兵的なキャラが有料で仲間になるが、主人公を王と慕う者でさえ大金を求めるのは何か納得がいかない。さらに全員丸腰。戦う気があるのか?

感想(Comment)

ファイアーエムブレムやリトルマスターのようなタイプの戦略シミュレーションゲーム。前述の通りモンスターメーカーで有名な九月姫先生に描かれた可愛いキャラが特徴。ゲームギア本体が発売されてから約1年後に発売された。

「ゲームギアの戦略シミュレーションは?」と聞かれれば大半の人は「シャイニングフォース外伝シリーズ」という声が多そうですが、本作もゲームギアでは数少ない戦略シミュレーションとなっており、出荷数が多かったのか当時は中古で比較的安く買う事が出来たタイトルです。
パッケージに美少女が描かれている事からも、管理人のようについ気軽に購入した人もいたと思います(´▽`;)
現在では3DSのバーチャルコンソールで配信されており、300円でプレイ可能となっている。

ゲーム内容はどうかと言うと…前述の長所欄で述べた通り、ゲーム自体はシンプルで分かり易い。ただ、その一方で
ユーザーインターフェース面で直感的に遊びにくい面もある。但し致命的なバグは無い。また、ストーリー描写が大味すぎるのが残念。低容量ゲーでよくある「バックストーリーはあるけど説明書ありきな内容」となっている。

プロローグもエンディングも名もなき詩人が2頁語って終わりというシンプルさ。本作はやはり、将棋や囲碁の如く戦略そのものを楽しむ作品なんだと思います。
尚、本作発売から約4年後、本作の流れを組んだ戦略シミュレーション「ロイアルストーン 開かれし時の扉」が発売されている。管理人はこれを書いている時点では未プレイですが、いつか是非プレイしてみたいモノですね(´▽`)


アーリエル クリスタル伝説 TOPページへ


TOPページへ

ページのトップへ戻る