top

●ときめきメモリアルPOCKET - レビュー(ネタバレ含む)


GOOD POINT(長所)


クオリティの高さ
 

本作は各ハードで発売いるが、システム面はPS版やSS版等と遜色ない仕上がりになっている。
 

周回プレイが前提の作品の為か、「高速モード」や「Bボタンでのメッセージ送り」等、サクサク進められる仕組みも充実している。

尚、GBながら一部のセリフには音声も有る。
しかし音声発声時はゲーム進行が止まり、GBAでは正常に発声されないという欠点もある。そういった難点があるからか、音声OFFも可能になっている。
高速モード 音声


本作専用キャラの存在
 

カルチャー編には「和泉恭子」、スポーツ編には「パトリシア・マクグラス」と「宗像尚美」の計3人が追加されている。
 

数々のハードに移植されてきた「ときメモ」ですが、この3人が見れるのはこのGB版だけ!


BAD POINT(問題点)


音声が一部しかない
 

PS、SS版はフルボイスなのに対し、本作はごく一部しか音声がない。(容量的に仕方ないのだが)
 

そもそも全てのボイスが割れており、まともに聴こえない。


ストーリーが薄い
 

中間ストーリーが無さすぎる。一部のキャラは以下の様にストーリーがあるのだが…
(例:紐緒さんは後半になって主人公に対する感情に迷いを感じ、あえて戦闘ロボットを主人公に差し向ける)
 

殆どのキャラが「内容が同じデート」を繰り返し、エンディングを見るゲームと化している。

元々がこうなので仕方ない所もあるのだが、発売時期からいっても「ときメモ2」と比較して見てしまうのも事実。
せめて新規追加キャラ3人だけでもストーリー性を高くしてほしかった所。


COMMENT(概要・特徴)

所謂「美少女ゲーム」と言われるジャンルの金字塔となった作品です。
PCエンジンに始まり、windows、SFC、PS、SSと数々のハードに移植され、そして本作であるGB版へと移植されました。
その販売数は延べ100万本を突破した作品。

オレが子供の時は、この手のゲームをやる奴は軟弱者扱いされてたり、少なくとも良い目では見られてませんでした。
自分自身、ときメモプレイヤーをそういう目で見ていたと思います。(男なら格ゲーとかRPGやろうぜ!?ハッフゥー!?みたいな)

そんなオレも(キッカケは忘れましたが)本作をプレイする事になり、「美少女ゲーム」というジャンルを大きく見直す事になります。
そういう意味では、楽しめるゲームの枠を広げてくれた偉大な作品と言えますね。
ときメモはステータス上昇部分というRPG要素がある分、ウマが合ったのかも知れません。

それなりに思い入れのある作品ではありますが、さすがに今となってはストーリーの薄さが目立ってました。
「ときメモ2」ではストーリー性は勿論の事、あらゆる面での進化を遂げていたので尚更そう感じたのかもしれません。

今現在では「萌え」や「癒し」を前面に立ち上げた美少女アニメやゲームが多く存在している世の中ですが、
「ときメモ」はその発端ともなった作品なのかもしれませんね。



ときめきメモリアル POCKET TOPページへ

TOPページへ