ゲームの里
レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

テトリス(GB) / レビュー

長所(Good point)

とっつき易い、シンプル落ち物パズル

 
  • 幼い子供でも十分に理解が可能。大人でも楽しめるシンプルな内容で、正に老若男女が楽しめる。

  • それでいて脳トレ効果も期待出来る。ちょっとした時間に遊ぶにも有意義に感じられる。

短所(Bad point)

スコアが保存されない

 
  • バックアップバッテリーが無い為、スコアは保存されない。

  • とはいえ、残念に感じるのはごく一部だろうし、バッテリーが無いからこそ本作は安価なのだというメリットがある。

感想(Comment)

本作はゲームボーイ(以下GB)の初期タイトルで、高売上数を叩き出したモンスターソフトです。
コレが存在していたからこそ冒頭からGB本体が多く販売され、その後のGB躍進に繋がったと言っても過言ではない。素晴らしいソフト!(゚д゚)
本作価格も2600円とお手頃な所も販売数を伸ばした要因として大きい。(といっても、当時のGBソフトの殆どは低容量&バックアップバッテリー無しな関係で安価ですが)

説明不要なシンプルルールな所も大勢にウケた要因だと思われる。後のニンテンドーDSの脳トレパズルもそうですが、誰でも楽しめるゲームを序盤に本体と共に多く売り、その後の躍進に繋げる任天堂の売り方は見事と言う他無い。事実、管理人もこのテトリスを発端に、GBそのものにのめり込んで行きました。ファミコンは「1日1時間」とか言われて長時間出来なかったけど、GBはいくらでも隠れて出来たからというのもあるんですけどね( ̄▽ ̄)

ちなみに、本作は初期ROMと後期ROMとがあり、現存する殆どのROMは後期型にあたるそうです。まずBGMが異なり、レベル上限も初期ROMは10だとか?管理人は未確認ですが(^^;)

当時はAタイプ(エンドレスモード)でひたすらスコアアタックに燃えてました。スコア上限が高すぎる設定の為、まずカンストがありえないのが逆に良かったですね。スコアがセーブ出来れば、兄弟や友人ももっと競争に乗ってくれたんじゃないかと思いますが…いや、管理人がハマりすぎてダメだったかも…( ̄▽ ̄;)

落ち物パズルに関しては、本作を発端に「ぷよぷよ」や「ドクターマリオ」といった亜種が色々と発売されましたが、個人的には落ち物パズルと言えばテトリスに終始しますね。テトリスとしても色々な亜種が登場し、ブロックに爆弾を内蔵した「ボンブリス」。消去と同時に同色ブロックが消える「テトリスフラッシュ」。電撃でブロックを消していく「スパークリス」というのもありますね。そういった新作を抜きにしても、テトリスそのものに「Tスピン」や「ホールド」といった新ルールが盛り込まれたモノもあります。

以上の様に「テトリス」ってやつは多彩なのですが…たまにやりたくなるのは、やはりこの無印テトリスなんですよね。しかもGBの。BGMでホッとするんだと思います。

テトリスそのものは、いわゆる落ち物パズルの元祖と言われ、当時のソビエト連邦科学者「アレクセイ・パジトノフ」によって1984年に開発されたとの事。1990年前半では「テトリス効果」と呼ばれる、いわゆる脳トレ効果がある事も科学者が提唱しており、実効も考えれば遊ぶ意義は大きいゲームとも言えますね。全世界のパパママさんには、是非子供に本作を遊ばせて頂きたい。そしてゲームファンを大勢盛り立てて頂きたい。(切実な願望)

おまけ

当時ムリだった「スコア999999点」を実現しましたが、結局何も無かった…(エンディング的には200000点以上でおしまい)。これだけのスコアを取るよりも遥かに簡単なLV9-5をクリアする方がエンディングが豪華なのが納得いかない( ̄▽ ̄;)


テトリス(GB) TOPページへ


TOPページへ

ページのトップへ戻る