ゲームの里

レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。


SDガンダム外伝 ラクロアンヒーローズ / レビュー(ネタバレ含む)

長所(Good point)

万人向けなRPG

 
  • 一番馴染みのあるタイプのトップビューRPGで、やや難易度高めだが誰でも楽しめる。

  • 元祖である「機動戦士ガンダム」とはあまり関係が無い為、知らなくても楽しめる。(実際、当時管理人は知らずにプレイしました)

迷言が多い

 
  • 下図の様に迷言が多い。ギャグゲーというワケではないのだが、良い意味で記憶に残る。

短所(Bad point)

エンカウント率が高い

 
  • サガ2の様な「歩数形式」ではなく、一定確率でランダムエンカウントする方式を取っている。さらにエンカ率は高めで、ツイてない時は1歩で遭遇する事も。

  • さらにエンカウント率を下げる方法が存在しない。逃走成功率が高い事だけが救い。

序盤から強敵が多い

 
  • 最初の町であるラクロアから一歩外に出ただけで絶対勝てない敵がわんさか出てくる(普通のRPGと違い、最初に行く場所が別に設定されている為)。定められた通りに攻略すれば良いだけの話なのだが、あまり町人の話を聞かずに外に出るとのっけから絶望感に襲われる。

  • 順繰りにクエストを攻略したとしても、ちょっとフィールドを外れると強敵がわんさか出て来てやられてしまう。別作品で例えるなら『FF2で最初の町から南下するとブラックプリンに出逢った』『DQ3でカザーブから東に行ったらグリズリーに出逢った』に相当する。

感想(Comment)

本作は「機動戦士ガンダム」のパロディ作品「騎士ガンダム物語」をゲーム化したRPGで、1990年発売になります。GB作品としては割と良い出来で、発売時期もGB作品初期にあたる事を考えれば十分素晴らしい出来です。
前述した通り、開発側が想定した順番で攻略しないと強ザコが出たり、敵数が多くてアッサリやられてしまったりする所はありますが、当時の相場で考えれば十分にゲームバランスは良い類です。

ただ総評としては、正直ファミコン版に比べると色々惜しい作品ではあります(特にBGM)
ゲームバランスは悪くないのですが、ストーリー面は正直あっさりしたもので、目的が「サタンガンダムの討伐」に終始する為か、道中にドラマチックなシーンは殆ど存在しません。原作はサタンガンダムがキャノンに憑依したり、ナイトガンダムがスペリオルドラゴンとして覚醒したり、黒幕ジークジオンが現れたりと色々あるんですが…その辺のくだりは一切ありません。GBで低容量である事を考えるとしょうがないのかな(´Д`|||)

尚、当時は気づきませんでしたが「機動戦士ガンダム」のパロディも所々に存在します。

他にもアルガス騎士団や武者ガンダムも登場しますが、扱いは村人と同様です。
まあ低容量だし、出ただけでも御の字といった所でしょうか…。

他にも気になるのは、FC版以上にツッコミ所満載な所ですね。

「ライラ」や「カクリコン」といったオンリーワンなキャラが普通にザコ敵として複数出てくる。
そして戦闘で行える「脅す」コマンド。

勇者ともあろう者がカツアゲを華麗にやってのける。
中盤を越えるとカネはさほど必要なくなってくるし、成功率がさほど高くない為、結局逃げた方が確実というのも哀愁が漂うコマンド。

終いにはラスボスが…

断末魔がコレ。夢オチを希望する魔王。原作のカリスマはどこへやら。コレが主人公の半身と思うと涙が出るなぁ( ノД`)

等々、おかしい所が散見されるモノの、なかなか歯ごたえのあるRPGとなっています。
当時は本作発売から2か月後にはあの「サガ2 秘宝伝説」が発売されていた為、RPGとしてのお株は奪われた感があって少々不遇な作品でしたね(´Д`|||)
それでも管理人は騎士ガンダムが好きな事もあり、割と気に入ってる作品です。
ガンダム好きでRPG好きならプレイしてみるのも一興だと思います ('▽'*)ノ


SDガンダム外伝 ラクロアンヒーローズ TOPページへ


TOPページへ
ページのトップへ戻る