ゲームの里

レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。


ONI5 隠忍を継ぐもの / レビュー(ネタバレ含む)

長所(Good point)

セーブデータが6つもある

 
  • こんなに使うかは疑問だが、あるに越した事はない。

  • ちなみに4つ目以降の項目はセレクトボタンを押すと表示される。やや分かり難い為6個有る事を知らないままクリアした人もいたとか。

ゲームシステムの更なる改善

 
  • 戦闘設定を細かく指定する事が可能。全てを速く、カットする設定にすると戦闘が数秒で終わる。例えるなら女神転生シリーズのオートバトルに近い。

  • 更に、ボス戦は上述の設定をしていても自動戦闘しない仕様となっている為、「ボス戦で自動戦闘してしまい高速全滅した」という事態にはならない親切設計。

  • ただ、全ての物理攻撃を無効化するザコ(半漁人等)も一部いるので、高速全滅の危険性はある。

道具や術に説明文が追加された

 
  • フレーバーテキスト…という程ではないが、地味に面白い要素ではある。

  • 例えば「金の刀」という武器があるが、金は刀身には向かないだろ…と思ったら、説明文を読んでみると柄が金だと分かる。

短所(Bad point)

取り返しのつかない要素

 
  • 初期装備である「たけみつ、くろす」は後に強力な装備に変化する。しかし普通はそうなるである事は夢にも思わず、売ってしまう事が大半。

  • 一年前に発売されたSFCソフト「鬼神降臨伝ONI」にも似た要素があった為、一応予想は出来るのだが…

敵の耐性仕様

 
  • 本作の攻撃は「人間時物理攻撃、術、ONI状態物理攻撃」の3種類に大別され、敵はどれかに耐性を持っている事があり、その攻撃はゼロダメージになる。

  • ザコ敵でも例外ではなく、術以外無効耐性を持っていた場合、自動戦闘すると全くダメージを与えられずに全滅する。

  • せっかく便利な自動戦闘があるのに、常時油断が出来ず、単純に面倒臭い仕様。個人的には耐性仕様はボスだけで良かったのではないかと思う。

孔雀の杖の入手タイミングが遅すぎる

 
  • 「孔雀の杖」1度行った場所にワープ出来、かつ何度でも使える便利アイテム。

  • しかし、入手タイミングは終盤で、しかも隠しアイテム。「今更!?」と思わざるを得ない。

感想(Comment)

GB版ONIシリーズの完結編。
いつも通りシステムのアップデートを図りながら、前作で微妙な評価だった「難易度システム」をオミットし、戦闘設定を細かく設定可能にする等、よりプレイし易くなっている。
買い物する際の、現装備と商品の比較も出る等、痒いところにも手が届いている。
総合して、GB-RPG最高峰のゲームシステムと言って良い程の完成度だと思います。

ストーリー面でもかなりの出来で、完結編を謳うだけあり、これまでのONI主人公が全員集合します。
時系列は3の数年後となっているが、過去へ跳ぶ事になり、1,2,4の面々とも絡む事となる。また、4で登場したものの出番が薄かった「御琴」が堂々のヒロインとして抜擢されており、ONIファンからも高い人気を誇っている。というか管理人的にもONIヒロインの中では一番好きです。大人しい性格なのに行動力がある所は良いよね(´▽`)

また、主人公は「ワイルド熱血漢少年」となっており、初対面の心衛門をおっさんよばわりしたり、強敵を前に味方の忠告を聞かずに突っ込んで行ったりと、良く言えば直情型なタイプとなっている。そんなのマンガによくいる主人公じゃん、と思うかもしれませんが、ONIシリーズの主人公は全て「品行方正型」だった為、何気に珍しかったです。
さらに若いという事もあって、何度か感情的になっては取り返しのつかない事になり、人間的成長を遂げる…といった少年マンガ的なストーリーだった事も良かったと思います。むしろこれまでの作品がそういう部分が薄かった気がする。GBの低容量だと描写が弱くなるのもしょうがないんですけどね(´Д`|||)


他にも、本作で初の西洋妖怪が登場する事が大きな特徴です。これまでの作品でも大陸だの異世界だの黄泉だの、色々な場所に行っているワリには日本妖怪ばかりでしたからね(´▽`;)
ウェアウルフやミイラ等、ある意味馴染みのある敵が出てくるのも面白いですが、対西洋妖怪の時はカッコ良いBGMに変わるというのもグッと来る良要素でした。

エンディングは妥当にみんなめでたし、ってカンジに終わりますが、御琴の思いが伝わらなかったのがちょっと不憫でしたね。主人公が色恋沙汰に興味なさそうなのと、鈍いのが原因なんですが。ココんとこもマンガによくいる主人公タイプですね(´▽`;)
まあ御琴の行動力からすれば、また過去からやってきそうではありますね。本作で完結編を迎えてしまったワケですが、何らかの形で続きを見てみたいと思う。ONIシリーズはやはり良作ですね(´▽`)


ONI5 隠忍を継ぐもの TOPページへ


TOPページへ

ページのトップへ戻る