top

●鬼忍降魔録ONI - レビュー(ネタバレ含む)


GOOD POINT(長所)


シンプルな戦闘
 

サイドビューでアニメチックな戦闘がオリジナリティと面白さを醸し出している。
 

変に凝ってもいないのでスピーディでもある。


下図のように被弾モーションもあり、容量の少ないゲームボーイなりに頑張っている。
戦闘 戦闘2


装備を考え、集める楽しみ
 

一見弱い装備であっても利用価値があったりする。(例:疾風の太刀は弱いが二回攻撃)
 

一部のザコ敵しか落とさない隠し装備もあったりする。


BAD POINT(問題点)


移動時の視野の狭さ
 

下図のように、移動時はキャラが中央固定では無い為、移動先が非常に見辛い。
 

ドラクエのように、キャラは常に中央に位置していれば良かったのに…何故このようにしたのか?
みづらい移動画面


ストーリーが薄い
 

各イベントが唐突で、展開が不完全燃焼なカンジで終わる事が多い。
 

ただ、ONIシリーズ全体で見れば5作ある為、設定はしっかりしている。


設定絵もしっかり描かれており、想像を掻き立てられるモノは持っている。


セーブが宿屋でしか出来ない

携帯機でいつでもセーブ出来ないのは致命的と言える。
 

しかも毎回キッチリ金を取られる。


ボス敵との会話が聞き取れない
 

ボスと会話するとキー送りを待たず(会話をロクに読めてないまま)に戦闘に突入してしまう。


COMMENT(概要・特徴)

何気に珍しい和風RPG。
それに加えて「鬼への変身」という要素を設けた意欲作。
管理人的には今でも好きなシリーズの第1作目です。

落ちこぼれ忍者の「天地丸」はONIの力を得て、数々の戦いを経て伝説になってゆく…

今作における「妖怪」は、なんと別の星から来た存在なんだとか。
主人公はその妖怪と人間の混血児だったワケですね。言いかえれば宇宙人との混血児。
つまり天地丸ってスペースファイターってワケかよ…!テッカマンブレードみたいなもんかな?

ザコ敵を倒しまくってLVを上げて、良い装備を買って…と、RPGとしてはポピュラーな方だと思います。
個人的にはDQと同じくらい面白いと思っているんですが、ネームバリューの差なのかプレイしてる人が殆ど周りにいなかったという不遇の作品ですね^^;

  
ONIの由来 ラスボス エンディング1 エンディング2


鬼忍降魔録ONI TOPページへ

TOPページへ