ゲームの里
レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

女神転生外伝 ラストバイブル(GBC) / レビュー(ネタバレ含む)

長所(Good point)

全体的に高クオリティ

 
  • GB-RPGの代表格と捉えている人も多いかと思われる程、総じてクオリティが高い

  • 万人が遊びやすい2Dトップビュー方式を採用し、目立ったバグもなく、高速オートバトルや敵を仲魔にするといったメガテンの特長も多く取り込んでいる。

  • また、簡易的ながらも分岐エンディング方式を採用している。
  • BGMも多くの人に絶賛されている。

短所(Bad point)

移動しづらい

 
  • 入力方向に2マス分歩いてしまう事がしばしばある。先行入力が効いてしまっている可能性がある。

  • かといって他方向にチョン押しだとその方向を向くだけで歩かない事もあり、ただ移動したいだけなのにストレスが溜まる。

  • なお、これはGBC版専用の挙動で、GB版は普通に素直に歩く事が出来る。何故改悪したのか?

感想(Comment)

本作はタイトルからも分かる通り、3D-RPGで有名な「女神転生シリーズ」の外伝作で、1992年にGBソフトとして発売され、1994年にはゲームギア版、1999年にはGBC版がリリースされました。

GB版のチラシ。これといったキャッチコピーは無い模様。当時はほぼ同時期に発売された「真・女神転生」の方にどちらかというと注力しているイメージがありますね。絵はGBC版よりこっちの方が良いと思う(´ω`*)

本作は本家(メガテンシリーズ)に比べて低年齢層に向けた造りで、残酷やグロといった描写は無いのが特徴です。世界観も本家はサイバーな雰囲気だった所が、本作はファンタジー色の強い内容になっており、3D-RPGだったのが全て2Dトップビュー方式になっていたりと、誰でも遊びやすくなっています。(3Dが遊びにくいとは思いませんが、ウィザードリィ等の3D-RPGはちょっとゲーマー向けなイメージはあります)


ストーリー面としては、テレキネシスやテレパシー等の様々な超能力「ガイア」の訓練に勤しむ青年「エル」が主人公で、その師匠「ゾディア」は自分の弟子を魔獣から守る事が出来ず、ガイア(力)を求め、魔獣を倒す事を目的とする集団「ゾード」を設立。一方で魔獣との共存を目的とし、魔獣達を延命させる為に星のエネルギー源「オリハルコン」を盗み出した「ガイアマイスター」達の存在もあり、両方に切なる願いがあるというストーリー設定は、低容量のGB-RPGながら奥深く作られている。

人間に害をなす魔獣が多い世界ながら、魔獣にも平穏を望んでいる者も多く、考えさせられる内容になっている。
ゾードとガイアマイスターの対立は、例えるなら真女神転生シリーズのロウとカオスの関係に近いと言えるかもしれない。本作もガイアルートと、調和を目的としたフォースルートとに分岐する所がメガテンらしい。両ルート共にあまり違いがないのが残念ではありますが…。

ゲームシステム面としては、これも全体的に良く出来ている。メガテンシリーズの特長であった「敵を仲魔にするシステム」「『一生懸命戦っている』の高速オートバトルシステム」「Lvup時に能力値を自由に割り振れる」「魔獣合成」等がきちんと継承され、簡単すぎず難しすぎずの丁寧な作りのゲームバランスも光っている。
解析してみると武器ごとに命中率、防具ごとに魔法防御力、魔獣ごとに魔法耐性や状態異常耐性等が個別に設定されており、これらはマスクデータ(見えないスペック)として個々にカラーを持たせ、ゲームを奥深くしている。
魔獣の骨集めや倒さなくても良いボス、立ち寄らなくても良い町があったりと、遊び要素も結構ある所も面白い。対戦システムについては特にメリットが無く、最終メンバーはガイアマイスターにほぼ固定されてしまう為、少々微妙でしたが…。単純な最強キャラというのが居らずに選択肢が広ければアリだったかな?

最終的に人間が住まう第五惑星のエネルギー源「オリハルコン」を取り戻し、星を救うのだが…ガイアマイスター達が求めた「オリハルコンを使って魔獣の未来を切り拓く」のは阻止してしまったワケで。この先どうなっちゃうの?というのが不透明なまま終わるのが不完全燃焼感あるかもしれませんね。


そしてエンディング画面の最後に…

「ボタンを押して続けて
ださい!」フイな脱字で脱力(^。^;)


女神転生外伝 ラストバイブル(GBC) TOPページへ


TOPページへ

ページのトップへ戻る