top

●ナイトクエスト - レビュー(ネタバレ含む)


GOOD POINT(長所)


お手軽RPG
 

王道かつシンプルなRPG。
 

シンボルエンカウント方式で、戦闘もサイドビューでグリグリ動くのも他にはあまりない要素。


独創的な戦闘シーン
 

サイドビューで敵と向かい合って戦うシステム。アニメーションでグリグリ動く。

さらにザコ戦だけでも戦闘BGMが数種類あるという豪華仕様!
 

とはいえ正直どれも良曲とは言い難い。だがその意欲は買えると思う。


BAD POINT(問題点)


戦闘がダルい
 

アニメーションするのは良いが、常に同じ動きなので飽きる。
 

LVUPしてもストーリーが進んでも剣技が一切追加されないというのもそれに拍車をかけている。


ストーリーが短い
 

あまりにも短い、内容も浅い。
 

クリアして振り返ってみると、ゲームの大半がLVUPにかけるルーチンワークだったという現実がのしかかる。
経験値設定があまりにユーザーライクで無いのが要因。
レトロゲームらしいと言えばそれまでなのだが…それならそれで育成も楽しめる要素が欲しかったところ。



COMMENT(概要・特徴)

○○クエストの名を冠するGB代表RPG…にはなれなかったマイナーRPG。
タイトルからしてドラクエの匂いがプンプンするんだが大丈夫か?と問いかけたくなる作品。

ストーリーもBGMも、いまいち印象に残らないけれど、
戦闘がアニメーションだった事やゲームバランスも決して悪いモノではなかったという事から、なんとなく優等生的なイメージのある作品。
RPG初心者にはオススメ出来る作品かもしれません。

これで戦闘がサイドビューのアクションゲームだったら面白かっただろうに…例えるならテイルズシリーズのように。

ストーリーは「14才の少年が騎士になるべく奮闘し、瞬く間に国の英雄になってゆく」というありがちなお話。
どこか「イースシリーズ」等を思わせるテーマですが、残念ながら本作はそこまで深い設定はありません。

エンディングはスーパーシンプルなサクセスストーリーが展開され、
さらには「死んだ重要キャラが何の脈絡も無く蘇る」というオマケ付き。

むしろラスボスであるラウギスに哀愁の念を抱いてしまう内容だったような気がします。


ラストバトル

エンディング。主人公の「イヤッホーイ」なポーズが印象的。
ED


ナイトクエスト TOPページへ

TOPページへ