top

●ゴッドメディスン ファンタジー世界の誕生 - レビュー(ネタバレ含む)


GOOD POINT(長所)


王道RPG
 

王道かつドラクエタイプのトップビューシンプルRPG。
 

オリジナリティは薄いが、それだけに万人にオススメ出来る丁寧な作りである作品。


まふうシステム
 

本作の、唯一と言っていいオリジナリティ部分。

まふうゲージを貯めて強力な攻撃を行うシステム。ある武器に自由にセット出来る「まふうカット」によって効果を変えられる。
 

まふうゲージの上昇条件も「1ターン経過」だけというシンプルな作りもGOOD。


BAD POINT(問題点)


戦闘がダルい
 

エンカウント率がやや高く、逃げる成功率も高くはない(体感30%前後)
 

ザコ敵のHPが高めに設定されており、終盤ともなると3,4ターンかかることも。


とはいえ、当時のRPGとしては普通のテンポ。


せめて戦闘を避けるアイテムでもあればと感じずにはいられない


COMMENT(概要・特徴)

制作されていたRPGが謎の落雷により発売中止に。
そのRPGの世界が具現化し、小学生3人がその世界を救うべく戦う事になる。

と、男の子なら燃えずにはいられない、なかなか少年心をくすぐる内容になっている。

また、パッケージや説明書には質の良いキャライラストがふんだんに盛り込まれ、なかなか想像力を掻き立てられるゲームになっている。

最初から最後まで、良い意味で謎を引っ張ってくるストーリーになっており、
この先どうなるんだろう…とぐいぐい進めたくなる内容にしているのはGOOD。

ラストに環境問題を持ってきてる所も珍しい。まるで仮面ライダーBLACK RXのようだw

そういう事も含めて、やはり小学生にオススメしたいゲームと言えますね。


ED

復刻版に関しては…正直追加要素が微妙と思いますね。

閻魔ファイルは敵のステータスが見れるのは確かに嬉しいんですが、
一言ずつコメントというか文章による特徴説明なんかもあったらより深くなるんじゃないかなと思いました。

あとは追加シナリオ。
元勇者である「ミカ=アルダン」に導かれ、魔王に倒された者達の魂を解放するというイベントですが、
結局↑の一行で説明出来てしまう程度の内容でしかなく、蛇足感が強い。

個人的には元勇者達の過去とかを知りたかったかな…あとは復刻版ならではの装備とかね。
敵も増えているらしいですが、それなら元々少な目なまふうカットを増量して戦略性を高めるとか、ラスボスより強い隠しボスの追加とかしてほしかったですね…


復刻版限定イベント


ゴッドメディスン TOPページへ

TOPページへ