ゲームの里
レトロゲーム&新作ゲームの攻略・解析・裏技・レビュー等の発信を目的としたホームページです。

忍者龍剣伝 / レビュー(ネタバレ含む)

長所(Good point)

サクサクアクションゲーム

 
  • よくある横スクロールアクションゲームで馴染みやすい。通常攻撃である刀と4種の忍術で、ザコをバンバン倒しながら進める爽快感のある内容となっている。

  • ザコは基本的に一撃で倒せる為、慣れればサクサク進める。

  • 但し難易度的にはサクサク進めるモノではない(後述)。

音楽が良い

 
  • 耳に残る、アクションゲームとしてテンション上がるBGMが多い。

ビジュアルシーン付きのストーリー

 
  • 面をクリアする毎にグラフィック付きでイベントが展開される。(通称テクモシアター)

  • これが良いカンジにストーリー性を高めており、面をクリアするやりがいを生んでいる。

短所(Bad point)

敵配置がイヤらしすぎる

 
  • 穴を飛び越える ⇒ その先に敵が出現 ⇒ 穴に落下して即死 ⇒ (゚ロ゚#) というシーンが多く、慣れない内は怒号を上げる事も少なくない。

  • 敵の配置を覚える事がある程度必要になっており、悪く言えば「覚えゲー」になっている。

ストレスの溜まる敵

 
  • その最もたる敵は「鳥」どこまでも追いすがり、被ダメは3と痛すぎる。それに焦っていると、ライフが尽きる以前に穴へ叩き落とされて終わったりする。後半になると2,3体の鳥に同時に追い立てられる事も。

  • 他にもしつこく高速体当たりを繰り返す「蚤」や、体力が高く遠距離攻撃してくる「ボーリング野郎」等のイヤらしい敵がわんさかいる。そういうゲームだと言えばそれまでだが、前述の「敵配置」の事もあり、とにかくストレスが溜まる。

脅威の数面戻し

 
  • ボスに敗北すると、その直前のステージ入口から再開するが、ラスボスに限っては何故か3面分戻される(6-4で死亡すると6-1に戻される)。

  • 所謂6ワールドの最初に戻るのだから不思議はない…のだが、この3面分の難易度が激難の為、実際戻されると辛い。さらにラスボスが強い為、何度も6-1から繰り返す事になりかねない。

  • しかもラスボスは3段階ある。1戦目を命からがら切り抜けたとしても、2戦目でやられたなら、また6-1からになってしまう。

感想(Comment)

テクモが送る、現代に生きる忍者を主人公に据えたアクションゲームで、計3作にも及んだ「忍者龍剣伝」シリーズの初代作品。今なお「激ムズゲーム」と評されている程難しい事で有名。

実は管理人は2からプレイした人間でしたが、その2に比べたら本作の理不尽っぷりは群を抜いており、以下の様に死にまくる状況にド肝を抜かれたモンです(´Д`|||)

マルスの言う「地獄」とはまさにこのこと…ラスボスからの復帰点もマルスを倒した場所だし。プレイヤー自身も「お の れ 邪 鬼 王」と言わざるを得ない。

しかし、慣れれば一応ノーミスでクリア出来るレベルの作品ではある。ファミコンにありがちな理不尽なクリア不可能ゲーではないのは間違いないでしょう。
当時の管理人の周りは、怒りと諦めと悲しみを抱きながらクリアを断念したプレイヤーが多かったが、そこをなんとか死んで覚えて、なんとかクリアした時は結構な達成感がありました。
とりあえず言えるのは、穴の先に敵を配置しなければ、もっとマイルドで常識的な難易度になっていたと思う。
惜しい作品だ…(´Д`|||)

リュウ・ハヤブサの戦いは
【忍者龍剣伝2 暗黒の邪神剣】に続く…。


忍者龍剣伝 TOPページへ


TOPページへ
ページのトップへ戻る