top

●BLACK CAT - レビュー

作者
矢吹健太朗
ブラックキャット
ジャンル
戦闘、友情
連載雑誌
少年ジャンプ
連載期間
2000年〜2004年
巻数
全20巻(単行本)
ポイント
・復讐に燃える主人公の精神的な成長活劇
・それを助ける魅力的な仲間
・主人公のカッコ良さ
・謎を残したエンディング


STORY(概要・紹介)

「秘密結社クロノス」の中でもトップクラスの暗殺者だった青年
「トレイン=ハートネット」は、裏の世界では「ブラックキャット」と呼ばれ、恐れられていた。
そんなある日、掃除屋(指名手配犯の捕獲者)「ミナツキ=サヤ」と出会い、彼女の影響を受けて自分らしい自由な人生の楽しみ方について考えるようになる。
そんな中、トレインの相棒である「クリード=ディスケンス」にサヤを殺されてしまったトレインは暗殺者を辞め、掃除屋としてクリードが率いる狂気の革命集団「星の使徒」との戦いに身を投じていく。

クリードへの復讐を糧に生きてきたトレインが、掃除屋としてクリードを止めなければならないという大局的に考えられるようになる経緯と成長。
サヤがしていたように自分らしく自由に楽しく生きていくトレインが魅力な作品。
個々が持つ特殊能力を活かした戦闘も多く、少年漫画らしい作品と言える。


GOOD POINT(長所)

●主人公の魅力
秘密組織である「クロノス」のイレイザー(暗殺者)として数々の要人を言われるままに殺してきたという凄絶な過去がありながらも、
出会った少女サヤのおかげで自分らしく生きる楽しさに気づき、以降はありのままの自分で生きていく。

普通なら「自身が行ってきた殺人の罪悪感」等に飲まれてしまう所ですが、それに負けずに人生を謳歌している所が魅力的に感じましたね。
(これまで殺してきた人間の大半が悪人。というのもあるかと思いますが)
大抵な事には動じないのも個人的には好印象。
完璧超人はハナにつく、という人には向かないかもしれませんが…

●絵
最初は正直「ちょっと上手い程度の絵」かと思ってたんですが、後半になるにつれて魅力的な絵になる。
(現在連載中の「To LOVEる」と同等の絵)

●鬱な展開が無い
元暗殺者なのだから、暗いエピソードやツケが回ってくる的な話もあるんじゃないかと思いましたが、
意外とそういうのはありませんでした。

●ラスボスのポジション
終始ライバルキャラとして登場した「クリード=ディスケンス」。
大概の少年漫画の場合、こういうキャラは「序盤のライバル」か「後に仲間になるキャラ」になります。

しかし本作に関しては最初から最後まで徹底して敵のボスだったというのが、ちょっと珍しいかなと感じました。
終始「主人公に心酔しているラスボス」ってのもそういない要素だと思います。
クリード×トレインなんて同人誌とか、多分あるんだろうなぁ…(´Д`|||)


BAD POINT

●クロノスの設定が中途半端
読み終わって、まず誰しも考えるであろう箇所だと思います。「クロノスとはなんだったのか…」
トレインを含めると13人のナンバーズがいる設定ですが、結局全員は登場しません。(アニメでは一部追加で登場しますが)

クリードが悪とするなら、クロノスもまた別のタイプの悪である可能性があり、
結局決着がつかないのは不完全燃焼感がありました。



COMMENT(特徴・感想)

心身共にタフな完璧超人主人公「トレイン=ハートネット」が最大の特徴。
このキャラが読者の肌に合うかどうかがこのマンガに対する評価に直結すると思います。(このマンガに限った事じゃないですが…)

登場するキャラがの殆どが魅力的というのが、ストレス無く読めて面白かったですね。
アニメでは原作にはなかった展開もあるとの事なので、いつか観てみたいところ。



P.S. 本作個人メモ

★クロノナンバーズ
武器は全てオリハルコン製

No.
名前
武器
備考
1
セフィリア=アークス

クライスト
若い女性ながらも聡明なナンバーズの隊長。武器はサーベル型の片手剣。
2
ベルゼー=ロシュフォール

グングニル
ナンバーズの中でも古株っぽいおじさん。武器は約2mはある長槍
3
エミリオ=ロウ

アルテミス
メガネイケメン。原作には登場しない。武器は弾数無限な弓。
4
クランツ=マドゥーク
短剣
マルス
寡黙で非情な仮面おじさん。武器は高速振動により全てを斬れるナイフ。
5
ナイザー=ブラッカイマー

ディオスクロイ
気のいいおじさん。武器は一対のダブルトンファー。
6
アヌビス

オシリス
原作には登場しない。武器は尾型の万能アーム。
7
ジェノス=ハザード
鋼線
エクセリオン
軽薄兄ちゃん。武器は手袋形状で指先から全てを切り裂く鋼線を出せる。
8
バルドリアス=S=ファンギーニ
鉄球
ヘイムダル
非情なおじさん、通称「バルドル」。武器はブースター付きの鉄球で軌道修正して飛ばせる。
9
デイビット=ペッパー

ジークフリード
原作には登場しない。武器はトランプ型で飛ばして攻撃出来る。
10
リン=シャオリー
羽衣
セイレーン
物腰柔らかい美青年。武器は布で切断攻撃や防御にも使える。変装にも使われる。
11
ベルーガ=J=ハード
大砲
ウルスラグナ
寡黙なおじさん。弾数は3発で殴りつけて攻撃も可能。武器名は原作では語られてなかった…ハズ
12
メイソン=オルドロッソ

ア・バオア・クー
爺さん。原作には登場だけしたハズ。武器(鎧)は原作で使われなかった。
13
トレイン=ハートネット

ハーディス
主人公。すでにクロノスを脱退している。武器は6発リボルバー式の銃でトレインの速射に唯一対応出来る一品。


マンガ紹介ページ TOPへ

TOPページへ