top

●エスパー魔美 - アニメレビュー


ジャンル
超能力、日常、中学生
エスパー魔美
放映年
1987年〜1989年
話数
全119話+劇場版
OP曲
OP1(#1〜#107) テレポーテーション〜恋の未確認〜 【歌:橋本 潮
OP2(#108〜119) S・O・S 【歌:橋本 潮・SHINES】
ED曲
ED1(#27〜107) 不思議Angel 【歌:橋本 潮
ED2(#108〜119) I like youから I love you 【歌:橋本 潮
ポイント
・超能力を活かした人情溢れる物語
・漫画のエピソードは殆ど網羅
・女の子が主人公だが萌え要素は無い
・主人公がかなりKY


STORY(概要・紹介)

平凡な女子中学生だった「佐倉魔美」は突然超能力に目覚めた。
手を触れずに物を動かす「テレキネシス」、瞬間移動を可能にする「テレポーテーション」、人の心を読む「テレパシー」…
人を超えた数々の強大な力を、人のために使うと決めた魔美はそれを唯一知るクラスメート「高畑和夫」の助けを借りつつ、
共に日常の中で起こる不思議な事件を解決していくのだった。


「ドラえもん」の作者としても有名な藤子・F・不二雄先生作の超能力少女物語。
突然に強大な力を得て人助けをしていく様は「パーマン」に近いモノがあります。(ただ本作の方がやや大人向け)
相棒である高畑に「超能力者である事がバレたら、色々な意味で不幸になるだろう。かつての魔女狩りの様に」という助言を得た事により、超能力という「強大な力を隠して生活」する所も同じです。
しかし魔美は感情豊かな女の子だけあり、半ばお節介に近い感情で超能力を人助けに使おうとします。
無茶の連続でハラハラさせられたりするものの、多くの人間が救われていく感動の人間ドラマとなっています。

1 2 3
4 5 6

GOOD POINT(長所)

●ハラハラドキドキな展開
上述の通り、魔美は「人助け精神に富んでいる超能力少女」である。
超能力は多くの事を可能にするが、魔美はおっちょこちょいな為超能力を活かしきれているとは言えない。
強大な力があるのに、半分自業自得な展開でピンチに陥る事も少なくなく、兎に角ハラハラドキドキするのだ。
それを「超能力は使えないが頭の回転が早い高畑」が助ける。とストーリー上で良いバランスが取れている。

●数々の感動ストーリー
本作は超能力少女が活躍するストーリーだが、良い意味でそれをメインに据えていない。
メインは「その話で困っている人物」であり、その状況を打開する所に感動を覚える内容となっている。
超能力はその一助でしかないのだ。(場合によっては魔美が色々奔走したもののムダに終わり、困っている人が自己解決する事すらある)
119話もの多い話数に二の足を踏みそうになるかもしれませんが、不思議で感動的な話の数々に浸れる名作です。


COMMENT(特徴・感想) ネタバレ含む

本作は超能力少女が活躍する萌えアニメ…
と期待する人もいるかもしれませんが、それとはまた毛色が違う作品です。(魔法少女とは違うのだよ!魔法少女とは!)

でも女の子が主人公なんだから、可愛いと思える所はあるでしょ?という疑問はあるかと思います。
しかし管理人は声を大にして言います。「俺的にはそんな所は殆どありません」

というのも、魔美はヤバいくらい「おてんばで無謀なアホの子
」です。
さらに、人助けをしたい余り過剰なお節介に走る事も多々あり、言ってしまえばKYです。

一般的にそれはどうなの?とモラルを疑う行動がたくさんあります。


KYエピソード

 ・銀行強盗事件発生をニュースで知るや否や「やったぁ!エスパー向きの大事件だわ!私の活躍を見せつけてあげる!エスパー魔美発進!」

 ・深刻な悩みに対して、軽い気持ちで励ます事がデフォ。(励ましているつもりなのだろうが、どう見ても感情を逆撫でる発言でしかない)

 ・悩みを抱える人に対してとにかくしつこい。会話一例 魔美「何があったの?」 相手「ううん、何でもないの」 魔美「何かあったんでしょ!?ね、聞かせて!

 ・ついでに学友女学生2人もヤバいくらいKY。特に恋愛事になると人の不幸も蜜の味に感じている。


こんなのは一例でしかありません。数えきれない程のKY行動が毎話行われている。


しかしそんな魔美にも大きな長所があります。
それは「誰かの為に一生懸命になれる優しさ」です。

ドラえもんの作中でもこんな名言があります。
「人間にとって一番大事な事は、人の幸せを願い、人の不幸を悲しむ事が出来る事だ」
魔美もそんな魅力を持っています。(ていうか藤子作品主人公はほぼ全員持っていると思いますが)

「誰かを助けたい」 その気持ちが、最終的に多くの人を助けています。
高畑君は「その気持ちも魔美君が持つ超能力かもしれないね」と言っています。(別にキザで言っているのではありません。ホントに奇跡を実現して見せるのです。)
数多くの超能力を発現し、今だ謎の能力も多くある中で、これこそが魔美最強の超能力なのかもしれませんね。


P.S.
魔美の超能力一覧
超能力名 効果 備考
テレポーテーション 対象を別の場所に跳ばす ・跳ばす対象に運動エネルギーが向いている事が発動条件。その際、魔美の意志が必要となる。
・不意打ちや反応仕切れないモノでは発動しない
・テレポート先は魔美がイメージした場所になる
・対象は有機物に限られる。但し対象と接触している無機物(服等)はその限りでは無い
・一度に跳べる距離は最大600m(但し後半は飛距離が上がっているとの事)
・便利に行える様に、高畑手製のハート型ビーズガンを自分に撃つ事で活用している
部分テレポート 対象の一部分だけを跳ばす ・テレポートの一種の為、発動条件は同じ
・血液だけを送る事で輸血するシーンもあった
テレキネシス 対象を手も触れずに動かす ・対象に向かって念じ、身振りを行う事で発動。テレポート同様、魔美が最も得意とする超能力。
・自分を飛ばして飛行する事も出来る。
・軽い物程ラクに動かせる。
・力量は車を持ち上げる程強力な時もあれば、人一人押し返せない事もある等ハッキリしない。
・空気を動かす事で竜巻を起こす事も出来る。
・動かしている最中にクシャミをすると対象が分解する(動かしたい方向が多方向になる為)
・オートで多くの物を飛ばす事も可能。なんというファンネル。
非常ベル(仮名) 助けを求める意志を察知 ・周囲で困っている意志を感じると、非常ベルが鳴るような音が聞こえる
・対象が近づくと音が大きくなる
・範囲は1km前後(という事だが、明らかにそれ以上の範囲を察知している)
・対象が精神的に元気でも、体が悲鳴を上げている場合では別種の音が聞こえる
・高畑曰く「慣れればコントロール出来る」との事だが、結局最後まで受動的であった
テレパシー 人の心を読む ・対象者に触れる事で行える(導電体を通してでもOK)
・能動的に行える能力(のハズだが、場合によっては受動的に発動する事もある)
・人から読んだ記憶を別の人に伝える事も出来る
念写 カメラに映る写真の内容を操作する ・自分が見た映像を他人に見せたりするのに活用している
・ビデオカメラ(動画)も操作可能
夢見 他人が見ている夢を見る ・他人に思い通りの夢を見せる事も可能
・他人を改心させるには極めて便利なハズだが、滅多に活用しない。
リモートビューイング 遠くを視る ・68話のみ発動
予知能力 未来を見る ・新聞や日記から未来の記事を見た事がある(但し偶発的に)
・夢で未来を見る場合もある
ラッキー(仮名) 幸運な出来事が起こる。 ・単純にご都合主義な展開が起こるだけだが、作中では魔美の能力の一種であるという説がある

P.S.
特にイイ!と思った話
話数 内容・感想
第18話
「サマードッグ」
夏に別荘へ避暑に来ている間だけ犬を飼い、その場に捨てて家に帰る…そうして置いていかれた犬を「サマードッグ」と言う。
とある少年が幼少の頃に白い子犬を飼ったが、親の勝手な都合で「サマードッグ」にしてしまった。
それから数年。その子犬は野犬のボスとなって人間に危害を加えるようになっていた。
一方、少年はその子犬に対してずっと謝罪の心を持っておりずっとその犬を探していた。そして数年の時を経て再会し、涙を流して抱き合った。
しかしその犬はボスである立場もあり、泣く少年から後ろ髪を引かれる思いで山奥へと去っていくのだった。
そして数日後、新聞には「野犬全討伐」が行われた記事が載っているのだった…

よくある話かもしれませんが、再会出来た時は涙が止まりませんでした。
そして犬は討伐され……こうなる事が分かっていて、少年から離れて行ったのかもしれませんね。
第22話
「ウソ×ウソ=パニック」
魔美がいつもの様にラクしようと超能力を使った所を母に見られ、これをウソで凌いだ。
それを発端としてウソは拡大し、町には「鎌鼬(かまいたち)」が現れたと評判になり、新聞社やTV局が殺到するのだった。

相変わらずの危機感ゼロ魔美の平常運転。
話自体はいつものトラブル話なんですが、意外にも常に冷静な高畑が鎌鼬の話に食いつきます。(UMA的なロマン話には弱いらしい)
最終的に、鎌鼬を模したモノをテレキネシスで東京湾まで引っ張りTV局を誘導、
海ポチャさせて事件の鎮静化を図ったものの、直前で鎌鼬は猟銃で撃たれる。
撃った男は銃刀法違反で現行犯逮捕されるのだった。
ニュース「全く…20世紀最大の大発見だったのに…許せないのは猟銃をブッ放したバカです!」
高畑「そうだよそうだよ!どうしてくれるんだよォ!ウッウッ…」とマジ泣き。高畑、いつもとのギャップが良いなw
尚、この話ではなんとドラえもんのキャラが登場します。しかも作中のBGMと共にスネ夫が喋る。
スネ夫「学校の裏庭でバッタリ会っちゃったんだよ!うん鎌鼬に!尻尾の先まで2メートル!いやあ3メートルはあったよォ!ぐわあーっと牙をむいて、真っ赤 な目で睨まれたんだ!怖かったなぁ!のび太なんか気絶して、おしっこ漏らしちゃうぜきっと!アハ、アハハハハ!」
ウソ乙である。
1 2
第37話
「魔美を贈ります」
クリスマスの日、魔美は一計を案じた。「星のおもちゃをランダムに落とし、拾った人を幸せにしよう」というものだった。
紆余曲折を経て、とある青年に拾われた。その青年の願いを聞くものの、特に無いと言われてしまう。
それに不思議を感じていた所、思念が流れこんで来た。内容は底知れない暗黒。その奥底に秘められていたのは自殺願望だった。
当然必死に止めたが聞こうとはしなかった。魔美は高畑に相談しに行き、高畑が青年と1対1で話をする事になった。
青年は幼少の頃から受験戦争に巻き込まれ、そのレールに敷かれた人生の先がイヤになってしまっていた。
「人生なんて夢みたいなモノさ…君も大人になれば分かるだろうけど」(CVアムロ=レイ)
それでも高畑は必死に止めた。青年は2人の言い分そのものよりも、見ず知らずの自分に対しての熱意に触れ、自殺を中止するのだった。

エスパー美少女がクリスマスの夜にお世話しに来るとか…なんというエロゲ。
青年は古谷徹氏が演じているだけあり、人生に対して醒めきったナイーブな感情がよく演じられている。
当時は小学生だったのでよく分からなかったが、大人になった今は分かる気がする話である。
第46話
「雪の降る街を」
魔美の父母の馴れ初めを語った話。(魔美が父の思い出の思念波をテレパスし、情景として観る)
かつて、父は母に一目ぼれしたが、半年以上もの間話しかける事が出来なかった。
最後の日もチャンスを掴み損ねるが、魔美はただ見ていられず、テレキネシスを発動させる。
すると父の服のボタンが千切れ跳び、母に向かって飛んでいった事で出会う事が出来たのだった…


思い出を見るだけでなく、なんと過去に干渉しているという超能力の底知れない力を感じられるエピソードである。
第98話
「消えちゃった超能力」
朝から「非常ベル」が鳴りまくりで「超能力なんか無ければ良いのに」と思った魔美だったが、
とあるキッカケでクラスメイトの番野に能力が移ってしまう。

番野は自分が超能力者になったと大喜びし、おおっぴらに私利私欲に使い始める。
だがこれを原因に周りの人間が番野に対して反感を買ってしまう。

その意識はテレパシーとなって
番野に伝わり狂いそうになるが、再度偶然に超能力が魔美に戻り、解決となった。

「超能力をおおっぴらに使ったらどうなるか?」という魔美のもう一つの未来を見せつける話。
魔美もこれを機に超能力を持つ事の恐ろしさを意識してくれれば…と思わずにはいられなかったが、そうはならないのが残念な所…
第118話
「嵐に消えたコンポコ」
とある台風の日。魔美はコンポコと別れる夢を見る。魔美はそれが予知夢であるかもしれないという不安に駆られる。
一方、コンポコは台風の中家を抜け出し、父の乗る車の前に立ちはだかり、結果として土砂崩れから身代わりとなって助けるのだった。

まさに忠犬。コンポコが魔美の超能力に関わっているのかという疑問に迫る話でもあるが、そこの所は結局明らかにはならない。
また、コンポコが何故魔美の父が土砂崩れに遭う事を知り得たのかも謎のまま。動物の勘ってヤツかもしれませんが…
ちなみにコンポコはテレキネシスで土砂をどけ、無傷で救出に成功している。


アニメ紹介ページ TOPへ

TOPページへ