top

●ファイアーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王 - 攻略のコツ

基本 (特に知っておきたい事、従来ファイアーエムブレムとの違い等)
●基本システムについて
 ・ハードモードはノーマルに比べて敵のLVが上がり、敵数が増える。ストーリー変化等のメリットは一切無い(らしい)。
 ・戦闘はスタートボタンでスキップ可能。敵ターンそのものもスタートボタンでスキップ出来る。
 ・【L+R+スタート】でソフトリセット。パラメータ吟味時は特に便利。
●戦闘システムについて
 ・昨今のFEシリーズにある「3すくみ」は無い。 
 ・
装備に回数制限は無い。基本的に無装備よりメリットになるが、通常命中率に比べて下がる場合があるので注意。
 ・各種装備にはスキルの他、使い込む事で「戦技」が解放され、その武器でのみ使用可能になる。但し戦技は追撃不可の為、殆ど利用価値が薄い。
 ・特効効果は武器ATK3倍。(ATK30のキャラが「聖なる剣(ATK3)」を装備した場合、通常はATK33となるが、魔物に対してはATK39となる)
 ・必殺は与ダメージ3倍。(こちらのATK30、相手のDEF10なら通常20ダメージだが、必殺が出れば60ダメージ)
 ・各キャラのLVUP時のパラメータ上昇具合はランダム。LVUP毎にセーブ&ロードを繰り返せば良いパラメータ上昇を狙える。(通称「吟味」)
 ・魔法はHPを消費して行われる。魔法使いが前線に立つと、どれだけ強くても反撃する度にHPが減っていくので注意が必要。
 ・行動前にアルファベット(支援レベル)の吹き出しが出ているキャラ同士2マス以内で戦闘すると支援値が上昇する。
 ・縁のあるキャラ同士が3マス以内にいると支援効果を得られる(上述の吹き出しキャラ以外にも大勢いる)。この支援効果は重複する。 
 ・原作と違い、「ミラの歯車」によって戦闘をある程度巻き戻せる様になっている。
●ダンジョンについて(原作と異なり、3Dダンジョン形式となっている)
 ・入る際にダンジョン攻略キャラを10人選択する。移動時に「離脱」コマンドで各キャラ脱出させる事も可能。(リーダー脱出で全体脱出)
 ・
フロアの行き来を行うだけで敵が無限に復活する。これを利用していくらでもLVUP可能。
 ・
ダンジョンで戦闘回数が嵩んだキャラは「疲労状態」となり、最大HPが半分以下になる。(他パラメータは変化無し)
 ・疲労状態は食べ物を採る事で回復可能。また、ミラ像に食べ物を捧げる事で全員の疲労度回復も可能。
●鍛冶屋について(コレ自体が本作追加要素)
 ・銀貨、金貨を払って所持している武器を強化する。(武器のみ。盾・指輪等は強化出来ない)
 ・一部の武器は進化する事で全く別の武器に変える事が可能。(例:鋼の剣を☆2以上まで強化すると「ツヴァイハンダー」に進化可能)
 ・錆びた装備も鍛冶屋でまともな装備に直す事が可能。


攻略のコツ
●男村人は傭兵⇒剣士⇒魔戦士⇒村人…といくらでもLVUPが可能な為、全パラメータカンストが狙える。通称「村人ループ」。
●スタメンはパラメータ上昇吟味に拘った方が良い。ダンジョンのミラ像部屋でセーブし、ソフトリセット【L+R+スタート】を活用するとラク。
  ちなみに「ミラの歯車」でLVUPをやり直しても上昇パラメータに変化は無い。傭兵系は村人ループでやり直しが効く為、ある程度吟味をサボっても大丈夫。

●ワールドマップ⇒通信⇒追加コンテンツでDLCを活用する事が出来、より有利に進められる。オススメは以下の2点。
 ・無料配信「女神の賜り物」で「村人のフォーク」(男キャラなら村人ループ可)、「星のタウラス」(装備キャラ成長率全+5%)。
 ・有料配信「星の神殿」は成長率を高める装備「星のかけら」を何度でもランダムに入手可能。他にも各種装備を入手出来、売却して銀貨入手も可。
●本作はよほどの実力差がないと命中100%を取り難い。装備は命中率を重視し、パラメータ完成後は命中に加えて必殺率を重視すると良い。
●最強の職業は「ボウナイト」。射程が1-5の為、全てのザコに対して反撃出来る。但し沼や川といった一部地形に進入出来ない。魔戦士やワープ要員も併せて用意すると良い。

ストーリー進行のコツ・注意点
第1章
・グレイ、ロビン、クリフは村人ループ可能な為、この3人を主軸にストーリーを進めると良い。ラムの谷で入手する「革の盾」を装備していれば大抵安全。
・非村人は盗賊のほこらで吟味しつつLVUPを。本作の出撃可能人数は多くて10人の為、全員を育成する必要は無い。
・エフィは村人といえど傭兵になれない為、ループ不可。転職先はシスターを推奨。(シルクが使用不可なリブロー、レスキュー、アゲインが使用可能)
・最後の「ソフィアの門」は高難易度。ドゼーを倒せば「竜の盾」を入手可能。(スレイダーを倒すと逃走してしまう。盾という時点で最終装備にはならないのでムリする必要はない)
第2章 ・別主人公セリカにシフト。キャラやアイテムは専用で持ちこせない。(各地にいる旅の商品を使って、限られた数ながらアイテムを一方の軍へ送る事は可能)
・全員が魔法使い系の為、最初から辛い印象があるが、「ノーヴァの墓地」は墓に陣取っていると地形効果で回避率が+60%される。

・港町で傭兵セーバーが加入。村人ループが可能な為、このセーバーを軸に進めて行くと良い。
・海賊の砦では同盟軍3人が撃破されずにクリアすれば、この3人が仲間になる。ボス「ダッハ」は回復ポイントに陣取っているがサンダーで一方的に攻撃出来る。
・「海のほこら」入口にはドラゴンゾンビが出現。バルボで釣ってセリカの攻撃魔法「エンジェル」で倒すのが王道パターン。
「海のほこら」奥では「聖なる剣」が入手可能。聖なる装備は総じて優秀な為、見つけたら装備すると良い。ココで全体的に吟味レベルアップしておくと後が楽。
第3章 ・ダブル主人公が同時進行。並行して進めると援軍が出現して手間な為、どちらかを最後までやりきった方が楽。
・この3章から魔法使いの敵が多く登場してくる。自キャラの大半は魔防が低い為、特に優先して倒していくと良い。


アルム軍


・敵軍拠点から敵シンボルが無限に出現しては進軍してくる為、セリカ軍より先にこちらを進めると良い。
・ドゼーの砦内部でアルム専用武器「王家の剣」を入手可能。戦技「獅子連斬」は威力+5で二連撃を行う、数少ない使える戦技。
・「水門」で戦うデューテは倒すと仲間にならなくなる。タタラをワープ込みで速攻で倒すか、戦技「手加減」でデューテのHPを1にして無力化すると良い。

セリカ軍
・砂漠等の歩き難い地形が多い為、魔戦士を用意しておくと進み易い。(ボウナイト等の騎馬ユニットは進入すら出来ない場合も)
・「ソフィアの海岸」で同盟軍2人がやられずにクリアすると、「ソフィアの港」でこの2人が仲間になる。
・原作と異なり、ギースを倒さないまま「竜のほこら」へ行こうとすると直前で「パオラ」「カチュア」「アトラス」は元居た場所に戻ってしまう。育成なら「海のほこら」で。
・「ディーン」か「ソニア」は倒さなかった方が仲間になる。(村人ループ可能なディーンか、優秀なソニアか、どちらがお勧めとは一概に言えない)
・最後の「ミラ神殿内部」のイベントにてセリカが「プリンセス」にクラスチェンジする。出来ればその前にLV20(上限)まで上げておくとムダが無い。
第4章 ・3章同様、ダブル主人公による進行。セリカ編を先に済ませる事でアルムのクラスチェンジ権が得られ、竜の火口で足止めされる事も無くなる為、セリカ編から進める事を推奨。
・セリカ編は沼が多く、ワープ使いもいない為進軍に苦労する。魔戦士を主軸に進むと良い。育っていればファルコンナイトがベスト。

アルム軍



・魔女が一気に多くなる。リワープ⇒弱いキャラがやられる、というパターンが脅威な為、油断せず魔女優先で減らしていくと良い。
・「ヌイババ館」では敵軍の殆どが砦に籠って遠距離攻撃を行ってくる。ヌイババに至っては脅威の射程1-7。ワープ&レスキューで一体ずつ倒すのもアリ。
・「竜の火口」に着いた瞬間、先に進めなくなる(原作と違い、戻る事は可能)。セリカ軍が4章クリアまで行く事で先に進める様になる。
・「リゲルの滝」の右に「秘密のほこら」が隠れている。DEF3回分の泉と、復活の泉がある。
・「リゲル城」は城壁にボウナイトが大勢おり、他Gナイト等が大勢いたりと驚異的な戦力を持つが「ルドルフ」を倒せばクリアとなる。

セリカ軍
・「ミラ神殿内部」は水門が開いた事で地下に進む事が可能になっており、奥で「ノーマ」が加入可能。
・「ドーマの沼」で登場する「ジュダ」は4の倍数回の攻撃以外は無効化する能力を持つ。(追撃でも2回という判定にはならない。「4人目の攻撃」と言う方が分かり易い)
  ジュダを撃破すれば「竜の盾」を入手可能だが、ジュダは5-6ターン目に逃走する(らしい)ので、無理に倒す必要は無い。
・「ドーマの塔」奥のイベントをもって、セリカ軍はラストバトルまで操作不能になる。スタメンや装備には気を配っておく事。
第5章 ・アルム軍が「ドーマ神殿」を攻略するだけの章。
・道中でベルクト戦。ベルクトとリネアはその場から動かないので落ち付いて対処する事。
・「ワープゾーン×4フロア」はMAPで見て右下がグラディウス、左上が当たり。他は外れ(ミラ像のある地下行き止まりへ戻される)
・二つ目の
「ワープゾーン×4フロア」は右下が当たり。他は「1つ目のワープ×4ゾーン」に戻る模様。
・ラスボス「ドーマ」はHP200。50程まで下がるとこちらの攻撃が無効化されるが、アルムのファルシオンのみ通るので装備を忘れない事。
・なにげに原作同様、リザイアは攻撃無効化の影響を受けないイベントやエンディングに変化があるかは未確認。
第6章 ・アルム軍、セリカ軍が完全合流する。(アイテム、キャラ等全て一つにまとまる)
・ワールドマップコマンド「交代」でリーダーの変更が可能。(アルムorセリカ)
・ソフィアの港からアカネイアに向けて出港が可能になる。奥ではエキストラダンジョンである「テーベの地下迷宮」にチャレンジ可能。
・「テーベの地下迷宮」は強敵だらけの上、地下10Fにも及び、途中セーブは不可(中断は可能)。通常のダンジョン同様、最大10人での挑戦となる。
・ATK40クラスのザコ敵が多い。物理はともかく魔法攻撃となると魔防が低いキャラが大半の場合、2,3発食らうと終わる。魔法使いは優先して減らす事。


ファイアーエムブレム エコーズ TOPへ

TOPページへ